« July 2005 | Main | September 2005 »

August 30, 2005

改造

あ、ショウさん、また回避あげないでグフつかってる~~~w
あ、また、回避減らして装甲あげてる~~~~www

新機種を補給し、新編成にして、意気込んで任務にいそしんみ、MPランクがあがらず、己のふがいなさを嘆いているとき、必ず、この指摘が飛んでおりました。
そう、必ず・・・・

機体を回避あげの改造をする。
HPを減らして。

基本中の基本、基礎中の楚だそうです。
当然最初に行うこと。
これをやらない人は、人に非ず・・・

・・私は、この意味がまったく理解できませんでした。
なぜ、回避をあげるのか?
HPを下げてまで。
最終ターンまで避けきれる、わけがない。
いつかは当る。
当ったときに、HPが少なければ消滅までの時間が早まるではないか。
もちろん、当る回数は減るので結果的に同じことなのかもしれない。
ならば、
私は、どんなに攻撃を受けてもびくともしない、そんなスタイルの方がすきなのです。
性にあっています。
だから。
装甲をあげたり、HPをあげたりするのが大好きなのです^^;

VPをやるようになって。
HPをさげてまで、回避をあげる理由が身にしみてきました。
VPはHPの損耗率が大きく影響します。
重要VPポイント:終了時のHP/出撃時のHP
つまり、究極的には、被弾せずに勝利を収めるのが理想的なのです。
最初は、この考え方にも否定的でした。
被弾せずに終えるって。
ちょっと、都合がよすぎない??と。
しかし、方法はあったのですね。

回避して勝てる戦闘エリアにいる。

目からウロコでした。
被弾しない必要な施術を施すこと。
回避をあげる。
パイロットの防御スキルを上げる。
回避スキルをあげる。
そして、敵が攻撃する前に動いて倒す。
そのために、先制をあげて、常に先に動けるようにする。
このような方向にポイントを振り分けてゆくと、かなり、避ける戦闘をすることができるようになるそうです。

VPではほんとに些細なことが命とり。
今では、迷うことなく、迅速に、回避をあげております。

VPでなければ。
ほかの、回避下げパターンを模索してみたい気持ちはまだまだおとろえていませんけども^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

成長値大事な時期。TobeLv9

で、VP上位の方との差なのですが・・・
(前回と同じつかみ^^)

できることは限られています。
VPは積み上げなので、一つの失敗がずっと響きます。
取り返せません。
挑戦、チャレンジができなくなってきます。
臆病になってきます。
放置、とはいっても、結果VPがずり落ちたりしていると、むむむむむ。
VPが上昇していると、もっとあげなきゃ、と、さらにいじったり。
結果下がると、あせったり、します。

順位をあげるには、ほかの人よりも、効率よくVP値をかせがねばなりません。
ほかの人と同じで、順位変わらず。
ほかの人より一回失敗すると、その分、順位は下がります。

気が置けません。

熾烈な争いです。
リアルワールドを連想します。
ま、この世界では1作戦ごとにVPリセットがありますけれど^^

いろいろな実験がしずらくなります。
みなさんがフクアカ、オプアカをとりたくなる心境がよくわかってきました。
サブアカで、実験をし、最適な編成をメインへ伝授。
任務をこなし、補給をメインへ。
効率いいな~~^^

ですから、ますは、自分にあった戦場にいること。
ヒロさんから指摘を受けましたが、
VP値は後方のほうが安定する。
しかし成長値を得るには通常のほうがよい。と。
通常にいると、高いVP値をもらっていたのですが、苦戦を強いられると極端に少なくなり、後方で安定VPをもらったほうがよいかなと考えだしたころです。
この序盤は、レベル9に達するまでが、レベル上げる必要ポイントが少なく、簡単にあがってゆきます。
9になると、幅が増えるようでそれほど簡単にはレベルアップしなくなってきます。
という状況なので。
この時期はレベル差がつきやすいのです。
レベル一つで搭載が1変わってきます。
搭載が増えれば、マゼラを入れて6機編成にすることができたり、
搭載7のドップから搭載8のマゼラに変更できたり
専用マゼラをいれて戦力強化できたり、
搭載11のCから搭載12のFに替えることができたり、
搭載10のザクⅠから搭載11のCに替えることができたり、
搭載9の専用マゼラを搭載10のザクⅠに替えて、バズーカ撃たせることができたり、
なにかと、幅が広がります。

そんなわけで、(だと思うのですが)ヒロさんは弱気になった私が後方へ下がろうとするのを身をもってとめてくれたのです。
ひょっとしたら敵前逃亡ととられ、銃殺する気だったのかもしれませんが。

結果としては、通常にいたほうが、経験値はあがり、VPも落ち着くようになり、よかったのです。
もらえるVP値はやはり通常のほうがよいですからね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

東アジアの・・・謎!

どうしてVPやる人は、東アジアにいくんですか?
ぼくは聞いた。
水辺がすくないから
短い言葉で即答したのは、ニックさん。
頭の中のもやが一気にはれた。

北米効果作戦が行われているころ、東アジアの人口が多い。
いつもそうだ。
そして、作戦地域の任務は少なく、感じられた。
実際に少ないかどうかは確認のしようがなく、MPランクの最低値が400代である、ということをもって、任務参加者が少ないことを知る。
チーム内のVP特化者をみると、たいていMP値は0。そのときのランキングで測るのだ。
これがクール終盤の戦功入れ食い状態のときには、最低ランクは1300位を超える。

なぜ、任務をしないのか、北米制圧作戦に貢献しないのか、なぜ、ガルマ生存のIFに参加しないのか、周りがよく見えていなかったころに、エリチャで数名と徒党を組み、士気の低さを嘆いたものである。
エリチャで、任務参加を呼びかけよう、だれかは宇宙にいって、地上戦をよびかけよう、などと意気はあがり、226事件前夜さながらの純粋さに酔っていた。
そんなとき、VPランカーの人も遊びでやってるわけではないんだから・・・と冷静な発言を、静かに放つ達観者もいた。

時は流れて4クール目。
ぼくも、とうとうVP挑戦に意を決し、集計ツールをにらみ、VPランクのささやかな上昇と下落に一喜一憂する日々に身を投じている。
任務をやらないにしても、作戦地域で野戦をこなすことを宗としてきた。
北米降下作戦では、当然、北アメリカでVP特化をしていた。
いままで覚えたことを全て使い、放置し、画面も2Dに変えた。
3Dよりも部隊の動きを確認しやすい、とナリ氏の助言によるものだ。
最初の2日間は、順調にランクがあがってゆく。
なるほど、放置とは、これでいいんだと一人ごちていた。
しかし、順位は202位を最後にずり落ちてゆく。
一進一退を繰り返し、245位まで落ち込んでしまった。
いつも感じる焦燥感がまた漂ってくる。
ログと戦闘の様子を食い入るように見つめる。
何回も何回も・・・
勝ちパターンをイメージしながら。
しかし。
イメージ通りの展開にならない。
弾があたらない。
せっかくの遅延設定で、1Tで敵を倒せない・・・
いや、そんなことよりも決定的な問題があった。
水辺だ。
水辺ではとことん負けている。
敗因は・・・
脚の遅いマゼラが壁の押し上げについて行けず、孤立した壁が敵の集中攻撃。
壁が切り崩された後、もしくは消滅したあと、ようやく射撃部隊、マゼラ3機が会敵。
そのころには敵に車体を晒した哀れなカーキ色の鉄の棺おけが、確実にセイバーフィッシュに、フライマンタに、デブロックに、難なく、大きく、削られてゆくのである。
これだ・・・
この戦闘を攻略しなければランクの押し上げにはつながらない。
そして、ぼくのランクを追い抜いてゆくプレイヤーがいる、ということは、この、水辺問題を攻略しているはずなのである。

解はある・・・・

そう信じてチーチャで質問を投げてみた。
水辺を攻略するには???
アレクセイさん曰く、北米は水辺が30%ですからね・・・という。
それは、東アジアに移動しろ、ということか?
いや、決してそういうわけではない。
彼との会話はこれで終わった。

しかし、この会話でヒントを得ていたようだ。
別の機会に、チーチャで問おうとした。
そして、
冒頭の質問へとつながった。

このあとぼくは東アジアへ移動し、再びVPランクは上昇を始めた。
少しずつ。
確実に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2005

後方遅延が便利。


では上位の方々と何が違うのか、ということを考え出すと、示唆に富むところが多いですね。
今のこの時期。
搭載も制限され、選択できる機体も限られている。
その分、敵の攻撃パターンも、近MS狙いと、低HP狙いくらいしかない。
条件が限られているので、差がつく要因も少ない。時期です。

ポイントは、編成、MSの改造、個人戦術、だと思います。
スキルも、まだ、そんなに成長ポイントがたまっていないので、格闘、射撃、防御、攻撃の差別化くらいでしょう。
ひょっとしたら、ものすごい技があるのかもしれませんが。

今回、後方遅延をものすごく重要視して取り入れております。
この技も当初から話題になっており、散々教わってきました。
GNO2プレイヤーとしては基礎中の基礎、のようですね。^^
私は全クール中盤に、メアさんから教わり、(掲示板で設定画面をUPしていただきました。)ヒロさんにこと細かく解説をうけ、なんとか使えるようになったようです。
S任ができるようになるまでは、任務(特任以外)では必須の技術で、後方遅延なしで任務参加するとイグられること必至なのです。(ちとおおげさ)
自分より強い敵と戦闘をするときに重宝する技です。
そう。
ちょうど今頃。
使いどきですね。

後方遅延のこころは。
敵が動いてから動く。
目いっぱい後ろに布陣し、足の速いトリアーエズや、フライマンタを一機ずつ誘い込む。
最後方に位置する長距離射手のレンジにはいるまで引き付け、長距離(3)攻撃を一発臣まい。
それを皮切りに、壁やくが突進。戦車や、デブロックの後方部隊とはなれた壁役を一機ずつ集中砲火をあびせてゆきます。
まずは、両翼の壁ザクが肉薄。ヒートホークで一閃、50前後のダメージを与えます。
次に中央に位置するザクF隊長機が飛び出し、さらに削ります。
この時点で一機撃墜できると、VP40確実コースです。

今の私の1戦あたりの平均VPは33。
最高47で、てこずって25くらい。
8なんてのもありました。
負ければ当然0
連邦PC戦に勝利すると、VP75!!なんておいしいこともときどき^^
これはおいそれと勝てないだけに、とてもうれしいですね。^^

そんなわけで、ITの2攻撃で一機おとせると、期待してしまいます。
2攻撃でも落ちないときには、さらにサイドに配置しているマゼラが止めをさしに行きます。
と、いう風に突出してきた敵は、うまくいくと3回~4回の攻撃を加えることができます。

2T目は、こちらが先制をとります。
後方遅延の味噌は、個人戦術で**より先に行動するとき遅延する、という設定を2番目(後のほう)に条件にすること。
一番目の条件には、距離3以内の近MSに攻撃する。
条件の優先順位、距離3以内、といところに条件が合致し、2T目は、目前に迫ってきている敵を攻撃することができるのです。
で、
そのことを実現するためには、
① 個人戦術を一つは取得しておくこと。
でないと、遅延設定一つだけだと、2T目も攻撃が遅れてしまう。
このときには、すでに敵の射程内なので、ただの的となってしまいます。
② 先制を取得しておくこと。
少なくとも敵よりは早く動けるように。とのナリさんの教え。
うまく流れると、攻撃を一発もくらわずに敵を倒すことができます。
これで、後方遅延戦術は完成するわけですね。
ただ、2T目からは敵後方の射撃部隊の射程にはいっており、削られるのを耐えながらの消耗戦に突入していくわけですが・・

わたしはこの後方遅延を理解していない、というか知らなかったあまりに、先制スキルを相当軽視してきておりました。
先制をとらないと、敵が先に動きます。
すると、壁は削られますが、こちらの射撃の射程にはいってきてくれます。
で、それからゆっくり射撃で削る。
先制なんて、ないほうがいいじゃない。
と、いうのが私の結論でした。
而して、第2クール、第3クールで先制もたないことにナリ氏より指導をうけることとなっておりました。
が、あまり納得できておりませんでした。
任務のときのほかの方に迷惑をかける、という点はしっかり、理解できたので、社交用に先制をとる、と思っておりました。
が。
後方遅延をして、納得。
先制とっても私のやりたいこと(ひきつけて攻撃)はできる。
先制は大事ですね。
とても。
いやはや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初VPの感じ

VPを始めました。
始めましたというより、考え出しました。
というか、任務をしてません。
放置、といでもなく、いじったり、眺めたりしております。

意外とおもしろいです。
勝ってます。そこそこ。
同じ勝つにしても、勝ち方でVP値がかわりますね。
みなさんから、このことも、散々いわれてきたことですが、見つめだすと、よくわかります。
戦闘終了後のHPがたくさん残っているほうが、VP値は高い。
任務に参加するHPが大きいほど、VP値は高い。
HP減損率が影響するようで、分母を増やす、ということらしいです。
このことを、ナリさんは、最初から教えてくれてました。

VPやるなら、
ダメをくらわない。(回避をあげる。)
早く敵を倒す。

ほかのチームの上位の方々からも、異口同音に同じようなことを指導をうけてきました。
が。
やってみないと、頭にはいりませんね。

で、今回利用しているのが、集計ツール。
これが、また。楽しいのです。
戦闘結果がログとして残され、ま、分析等は簡潔なものばかりですが、
よく、自分のことがわかります。
VP特化なのだから、VPの推移が一番着目すべきではあるのですが、目がいくのは、戦闘時間。
ここは、順当に勝利すると編成画面の搭載値と一致します。
搭載値は基本が300.
これは300秒、つまり、5分ということらしいですね。
戦闘が2分くらいで終わっても、次の戦闘が始まるのは、5分後。
搭載300の意味を直感的に実感できます。
それが。
とてもうれしい^^
で、戦闘が長引くと、その5分が少しずつ増えます。
5分50秒とか、6分22秒とか。
あと、HPの損耗が激しいと、その分、待機時間が増えます。
この時間の増加もHPあたり1秒なのでしょうか?
未検証ですが、そんな感じですね。
待機時間の増加は、一時間あたりの戦闘回数の減少、ポイント獲得ペースの減を意味します。
基本が300秒、5分なので、最善の回転数でも一時間あたり12回。
待機時間が増えると、一時間あたりの戦闘数が、11とか10とか落ちてきます。
戦闘エリアを前線から後方へさげたり、編成を組みなおしたりして対応することになります。
このあたりは、マニュアルに勝率9割を目安に、と簡単に書かれていることを思い出します。
GNO2を始めてから、なにをどうやればいいかは、ほとんど、チームの方に教わってきました。
ほかには、WEB上のHPで情報が集められるそうです。
わたしはものぐさなの人のHP検索はやっていませんが。
また、発売半年後に攻略本が、角川とソフトバンンクパブリッシングから発売されました。
そんな、不親切なゲームのマニュアルで唯一書いてあった指針。
勝率9割を目安にしてください。
その言葉にはいろいろなことが含まれていることを実感しております。
ほかの人がいる戦場にでたくて、まけてもい続けたり。
たまに勝ったときの経験値がおおいからと、勝率わるくても前線にいたり、私、当初は、ほんとにムチャクチャやってたことを思い出します。

はなしがそれましたが、現在の私の搭載値は308
ザクCがいるからです。
専用マゼラアタックをいれると314になります。
修理値が増えると時間当たりの戦闘数が減り、とても不利に感じておりますが、負けないようにすることが基本で、勝つためには修理値が増えても問題ないと、指摘をうけました。
VPランカーの上位をチェックしても、だれも修理値300の人いないでしょ。と
ナリさんとヒロさんに全クールの後半に教わりました。
修理値がある機体は、その分、強いのです。ね。

というわけで、修理値をおそれずに、編成を組んでいます。
とはいえ、この時期に任務をしてないと、補給が潤沢にはなく、修理地のある機体なん補給できません。それと、搭載自体がきびしいので、なかなか気にする余力はないのが実態ですが。

さて、肝心のVP順位事態は、伸び悩んでいます。
200位~250位くらいのあいだを上ったり、降りたりしています。
初めてのトライアルなので、特に不満はありません。
あ、私が任務しなかったらこのくらいのところなんだ。と現状認識をいたしました。
今作戦でなんとか200位、というのを目標にしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2005

序盤スタート。作戦前

現在、非常~~に、順調です。
1日間の通期で254勝5敗!
これは、私にとっては始めての好成績で推移しております。
これこそ、チームの皆様のご指導の賜物であります!
(いや、マジでm(_ _)m)

あせらず、序盤はじっくりと勝てるエリアに腰を据えております。
今日、台風のため早めにうちへたどりつき、GNO2を開いてみると、
いい感じで補給がたまっておりました。
早速マゼラを・・・
と思っておりましたが。今日は何をかうべきか考えておりました。
いきなりザクⅠでもいいな・・
いや、どうせならFかと・・・
はやる気持ちを抑えながら補給画面を観察しますと。
・・・買えません・・・
高いのです。
ⅠとかFとかC
マゼラの3倍?5倍?8倍?みたいな世界でした。
私があもうございました。
しかし、PlanBがあります!
それはマゼラ専用機!そしていきなり2機購入の6機編成プラン!
専用機を一機買いました。
これで、5機編成。2壁1中2射の基本布陣です。
では、もう一機なにかを・・・とみてみますと、すでに搭載が残り4となってしまいました。
専用マゼラは搭載9ですしね。ちょっと搭載圧迫したかもしれませんが。
ま搭載残り5でもなんともなりませんが。
搭載8のマゼラは諦めます。買い置きもせずにおきました。
なんといっても今クールは10日間の長短期。
補給はすぐに必要がでてきます。
あせらずあせらず。

そしてわれらがチームの諸先輩方を見回しておりますと。
をぉ!すでにマゼラを3機保有されているかたがたが・・・
しかし、マゼラを3機保有するには、搭載が・・・
Ⅰ10+C11+F12+マゼラ8×3=57は必要なはず。
今日もナリさんとイシイさんがいらしたので聞いてみました。

 少佐でレベル6の搭載っていくつくらいですか?

 56だよ

まさに異口同音で帰ってきました。
しかし、56では1足りません。

友軍リストを覗いてみました。右クリックで。
すると!
謎は解けました。
★がいます。隊長機です。

 初期配置時には、補給ないでしょ。
 だから回避もあげられない。
 隊長機改造だったら、補給いらないし、回避もいじり放題。
 どうせやるなら早いうちに。

ナリさんからのアドバイスでした^^;
イシイさんも、ヒロさんもやってます。
これも基本なんですね~^^

で、早速私も。
Fを★にしました。
★にすると隊長しか乗れません。
よって隊長が乗っていたザクⅠを壁役に渡します。
これで低壁の完成ですな。
さてさて、では、F★の回避をあげますか。なんといってもタダですから・・・
と、セオリーどおり、回避をあげ、HPを下げました。
補給は減りません。

ん?
しかし。
HPを下げるとザクⅠと同じHPとなってしまいました。
これでは、低HP狙いの敵が二体を狙ってくるから、いかんな。
しょうがない。ザクⅠのHPを下げるか。回避をあげて。
ザクⅠ激少HPだからさわりたくなかったんだけどな・・・
なんて思いながらも、低壁をはっきりさせてやりました。

この直後です。
よくよく戦闘を観察してみると。
連邦の狙いは全て近HPであったことを。
気付いたのは。
ほっといてもよかったんじゃ~~んwww
ま、でも作戦始まったら低HP狙いは現れるでしょうから、
このまま放置できる、と思いましょう。

そして、調子に乗った私は、部隊を最後方から、後方へ、
さらに通常へと部隊を移すのでした。
ソロモンの海賊から手に入れた集計ツール。
これ、便利ですね。
こいつを眺めていると、通常でもいけそうだったので、もう、おいちゃいました。

いや~~。
ほんとに調子にのっちゃってます。
今だけでも。
春をかんずるぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

USER FRIENDLINESS

今日、自分のブログを読み返したりしてみました。
すると・・・
とても読み難いですね。今頃気付きました。
誤字脱字が許容レベルではありませんね。
主語がなかったり、とつぜん文脈がかわったり。

われながらちょっとへこんでしまいました。
と言っても手直しする気もなく、放置するあたり、われながらシツレイ極まりないなあと
再認識してしまいます。

いいわけをいたしますと、せめて更新だけでも、とはやる気持ちで、夜中に眠い目をこすりながらカシカシKEYをたたいておりまして、錯乱しながら作成しておるのであります。

遊びにきてくださっているかたがたにはご迷惑をおかけしております。
今後は、より丁寧に記事を綴ってゆけますよう、留意いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まただよおい。/格闘特化へのみち

またやっちゃいました。
対空格闘スキルをふらずに、マシンガンすててしまいました。
どおりでうちの壁、目の前の航空機よけてうしろの戦車にむかうはずだわ^^:

前回煮え湯をのんだというのに・・・
とはいえ、
早めに気付いてよかったのであいります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しいクールが始まりました。
終戦の翌日に始まるなんて、早くてうれしいですね。
以前は2~3日ゲームのできない日があって、とても悲しかったものですが^^

しかし。
9/6からのセカンドステージが始まるため、今回のクールはほんとに10日間だけ。
いかにすごしましょうか・・・・といったところですね。

私は、今回から、VP派へ基本的には転向したことにしております。
集計ツールを駆使し、こつこつと最適解をもとめてゆくことになるのでしょう。
これで基本的な編成を学びなおしてみたいところです。

開戦直後は、補給もないので、ほとんどなにもできません。
とりあえず、CとFを壁にして、マシンガンをはずし、パイロットは全力防御。
スキルは全部防御に振りました。
これまで習ったセオリーどおりです。(よね)
隊長はザクⅠに乗せて2列目においきました。
3列目にはマゼラ一機。
いずれザクキャにのるであろう、パイロットをスキルを全て攻撃に振ってのせております。
そして。
後方遅延。
全機うしろにさげて、マゼラより先に行動するときには遅延、の設定としました。
で、今のところ、最後方にて全勝街道を歩み始めたところでございます。

さて。
チームのかたがたを除いてみますと・・・
すでにマゼラ2機の5機編成の方がちらほら。
ナリさんとイシイさんがいたのでお話を聞いてみると、放置していて買えるほと補給がたまったとのこと。
計算してみると7時間30分で買えるようになるみたいです。
20補給/1野戦を5分8秒でこなしていって。
開戦時間は午前11時。
そしてすでに夜中の12時・・・
13時間が経過しており、早くから編成して参戦してらしたかたがたは、十分マゼラを手に入れる余力をもってらっしゃるの状態なのでした。
この、最初の参戦タイミングで、おおきく差がつきます。
レベルアップの幅もせまいので、見た目では、レベル差が、2~4くらいまで広がってしまいます。
これまではずいぶんあせったものですが、すでに私も二つ名目前のベテラン大尉。
冷静にこなしてゆくのであります。

初日は、やはり、気持ちのいいものですね。
身がひきしまる思いで、編成やスキルやいろいろいじっちゃいます。

だんだんうまくいかなくてまたやになってくるとは思いますがねw

みなさま今クールもよろしく、で、あります。( ・Θ・)ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2005

ついにやっちゃいました
ザクキャ6幾編成
サイド2防衛任務がおわると同時に、ザクキャ☆の大人買いにはしりま
した。
ザクキャ☆補給を繰り返します。
一機間違って☆なしを買ってしまったのは御愛嬌…買い直しましたが。
ザメルもガルバルディもばんばん売り捌きです。
それでも一機足らず、エリチャ、チーチャで買いトレード、譲り受けトレードを呼び掛けておりますと、強力なスボンサーが現れました
アルパスさんです。
アルパスさんは、ぼくがモノホシそうにウ゛ァルをのぞいていた時にも気前よく、ボーンと無利息融資を実行くださいました。
今回も快く申し出に応じます。

そんなこんなでザクキャ☆を6機そろえることができました。
とりあえず、野戦。
当然ぼこぼこです;;
しかし、創意と工夫のGNO2!(←ぼくがいえた義理ではありませんが^^;)
まずは、遅延設定です。
今クール覚えた最大の武器!
これなら若干有利になるはず・・・
これは、かろうじて勝てました。
壁役は、厳しく育ててきたかいあって、ザクキャでNT避けを発動しております。
うんうん。
なかなかよいです。
CGもどのアングルでもザクキャばかり。
たくさん見れて幸せでした。
そろそろ、実家に眠るザクキャもくみたててやるか・・・・
などと夢想しております。

そして、欲がでてきました。
おひろめしたい!
この、ナイス企画をみてもらいたい。
任務をするしかありません。
とはいえ、こんな編成で、ほかの方の任務にお邪魔するのはひじょ~~~に危険です。
チームの名前がついておりますので、チームのほかの方にも迷惑をかける可能性も大なのです。
でも、任務jしたい。
と、いうわけで特認Aをたてました。チームしばりで
ケビンさんが参加してくれました。
しかし。
あと一人が集まりません;;
しかたなく、エリチャで募集。
こちらの状況を説明し、承知できてくれる方を募集。
すると・・
ひとりきていただけました^^
感動しました。
ずいぶん参加を待っていた分^^;
任務の方も、みなさまの支援で無事に勝利し、戦功も3いただけました。
上出来です。
ザクキャの活躍は・・・・
地味でしたね・・・
遅延設定のため、両翼は先行するはめになり、部隊ごと壁役になります。
で、私の部隊はおっとり刀でかけつけ、キャノン砲弾をロングフィード
しかし・・所詮旧型機。
あたえるダメージは、50~100OVERくらいで。
ドムのジャイアントバズのほうがまだまし、という感じです。
とはいえ、夢のザクキャはとてもたのしいものでした。

その後、通常を2回いれて、終戦の運びとなりました。
もっと活躍をみたかったのに・・・

ちなみに通常をご支援くださったのは、メアさんとナリさんとケビンさん。
みなさまサンクスでございました。
みなさんが壁になってくださったおかげです・・・・

で、今日うちへの帰路に思ったのは、涙を呑んで一機、アクトザクにする。
で、ちびっと後ろのザクキャより先行させて、OneTOPで使う。
アクトはNT機であるため、回避が68まであげることができました。
よって相当がんばれるはず。
で、アクトにひっかかっている敵をザクキャがうしろから距離4攻撃・・・
いけるかなっておもってわくわくして帰宅したら・・
終戦でした。
前クールは96日くらいまでやれてたような記憶がありまして、
もちっと楽しめるかと期待していたのですが、今回はきっちり90日で終わってしまったようです。
サイド2守れたらもちっといけたのかも

ザクキャ編成をしたきっかけは~フジテレビ、ではなく、ガンキャノン2に切り払いされたこと
相当納得がいかず、あちこちで憤っておりました。
で、そのうちエリチャでキャノンもちMSの話になり、どこまでやれるか、なんて話がでておりましたが、その中でザクキャやったるで~~という話になり、今に至っております。
私は執念深いのです。

ゴンタロウカムラさん。宣言どおり、ザクキャ編成やれました^^
任務中はできませんでしたけどね;;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

基本チャットは登録したいですね。

はじめまして××と申します。
おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
よろしくおねがいいたします。
ご支援感謝です。
開始おしました。
開始了解。
お疲れ様でした。

・・・とこれだけあれば任務でのご挨拶は足りますね。
疲れているときには、KEYBOARDなど触りたくないものです。
マウスだけでチャチャッとすすめたいと思うときた、けっこう、あります。
履歴はつかえるようになっておりますが、ぜひ、デフォルトで選べるようになっていると
とても便利だと思いますね。
ほかのネットワークゲームではできるようになっていたのを見たことはあるので
普通にできるようにしてほしいですね。
で、現実問題として、今はそんな機能はありません。
そこで、工夫。
オーソドックスなのは、単語登録をして、1KEYで発言できるようにすること。
でも、これだと、登録KEY、変換KEY、ENNTERと、3回KEYを押す必要があります。
それでも結構な改善かと思いますが。
絶対にKEYをさわりたくないとき。
これは、エクセルに使う言葉を登録しておいて、コピペでやる、という方法ですかね。
ワードとかだと、コピーするときに、範囲指定が必要になりますが、
エクセルだと、セル単位でできますものね。
さらに絵文字を登録しているのも便利ですな。

あとは、任務をやり続けるマクロだかプログラムだかをだれがが作ってくれれば・・・
純粋に編成センスの競争になる!
かも


| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 19, 2005

コロ任失敗

今夜のハッテジオンは、この話題でもちきりでしょう・・・
コロ任失敗しました。
22:00に
まだまだいけるとおもっていたのに。
明日の朝は、任務まわしで、デンドロおとしてやろうとおもっていたのに。
前クールでは怪獣大決戦と揶揄された
ノイエとの決闘をみてやろうとおもっていたのに。

失敗とあいなりました。

デンドロとは数度わたりあいましたが、反則的なその攻撃力は健在で、
大型ビームサーベルの前には、うちのリックドムツバイ☆さえも
あっというまに宇宙の藻屑にされてしまいました。
200HPを奪われて

となりの部隊の方は、0距離ビーム攻撃で、300HP奪われていらっしゃいましたがorz
こちらの攻撃は、あいかわらずIフィールドに阻まれ
エルメスや、ガーベラなどなんの役にもたちません。
ここは、全クール、パプワさんに教わった、実体弾編成にしなければ

と、いうわけで、壁には、でっかいはさみをもつ、ヴァル・ヴァロを
ヒートホークをもち、NT専用機である、アクトザクを。
アクトの回避は、NTレベルとともにあがり、今では68です。
カルバルディの66をかるく上回っております。
後衛は、ケンプファーを2機投入。
一機は専用機で、ショットガンをうちこみ、
最際後方は、ジャイアントバズをがんがんうちこみます。
これで、アイフィールド対策は大丈夫。

と、おもっていた矢先だったのです・・・

終盤のコロニー落とし・
これまでの戦績をあっというまにくつがえしてくれる子の作戦。
コロニーがジャブローにおちて、連邦が屈服するシナリオだったのに
この任務の失敗イコール、敗戦、もしくはひきわけ、という構図がまっています。
たしか前回そうだった。


ここから盛り返すには・・・・
とりあえずは、サイド2防衛です。
コロニ任務成功すれば、どうでもいいと思っていましたが
いまとなっては最重要。
全ジオンプレイヤー終結すべし、ですな。
ここ、ささえなければ・・・
まける・・・・とおもわれる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2005

自分をみつめるツールですな。GNO2

その後。
勢いにまかせて、アレさんに戦線布告したものの。
任務に明け暮れるようにはなりましたが、
ぼち、ぼちでございます。
戦功は、+1、+1と、こつこつ伸ばしております。
現在1598
一日あたり、10、獲得したとして(実際には5前後)
1700いくくらいと思われます。
戦功2000ふたつ名ゲットは、どうやら来クールへもちこしとなる模様。
せめて、アレさんにおいつかれることなく、今クール終了しそうです。

(などといいながら、抜き去られる目にはあいたくありませんが;;)

それにしても。
やはり競争を意識すると、少佐の皆様には尊敬の念を禁じえません。
すごいんですね。みなさま。
みなさんが全て体力勝負のMPランクで戦功ゲットしているとも思えません。
知恵と勇気と決断力で、編成を決め、こつこつ成長させていかれているのでしょう。
・・・これが、実社会での競争でなくてほんとによかったと胸をなでおろしてしまいます。
プレイヤーが全員いっせいにお店をつくって商売をはじめたら、
今のランキングのように少しずつ差がつき、貧富の差がついてしまったらと思うと・・・
こんなブログでクダまいているわけにはいきません。
とはいえ、
いろんなことを反映しているんだろう~な~
このランキングや階級の結果は。
などと物思いにふける私でした。

いや~。
物思いにふけるなんて。
秋だね。
ノクターンがおすすめw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2005

まだまだぁ!

いかん!久しぶりなのに、
おもいっきり、おちこんでしまった。

前向きにいかなければ。

まあ、そんなこんなでどんよりとしていたのは事実ですが、
気を取り直しまして^^。

えと。
まず、VP修行をすることには決めました。
次クールから。
今は、やはり戦功の季節ですものね。
VPをやることは、本気で数字をみつめることで、印象派、などと悠長なこととはもうおさらばです。
集計ツールを駆使して、自己をみつめるのであります。
え?先につかってたエクセル表?
あれ、よかったんですけどね。
気に入っていたのですが。
HDDと一緒に昇天されて。
ま、いくらでも作り直せるのですが、データを作ることで満足しそうで^^;
分析することが重要なのに^^;
あ~~この辺は現実世界の会社の仕事と通ずるものがあります。

修理値0編成を貫き通し、編成の妙技を編み出してゆく、これを來クールの主題とするのです。

で、今は。
とりあえず、MP主体で。
ランキングはできるだけ意識せず・・・
なんて思ったのですが、やはり、ランキングでシビアに考えないといけません。
甘ったれてしまいます。弱さの現われです。
ふまれてもふまれても立ち上がる麦にならないといけません。
所詮、エリートではないのですから;;
で、ちょっと今の私にはハードル高めですが、やはり、MP200位以内というのが妥当でしょう。
参加賞をもらう、ということが非常に重要と考えます。
がんばりました。なにももらえませんでした、で終わってはいけません。
世の中のは厳しいのです。
常に競争。

で、MP主体の結果、戦功をできるだけ刈っておく、のが狙いです。
この時期は入れ食い状態。
とにかく刈らないと。
アレさんには射程にはいったぞ宣言をいただいてしまいました。
わたしは
うられた喧嘩はもれなく買ってしまうタイプなのです。
こいつは、がっつり引き離してやるしかありません。

・ ・・とはいえ、相手はあの、アレさん。
同じサラリーマンプレイヤーとはいえ、MP半端なく上位な方です。
とうぜん、戦功獲得レートはその分、ベラボーに高く、追い抜かれるのは時間の問題なのでした。
それは、道理です。
よく、わかります。
が、
追い越し宣言をされてしまうと・・・
燃えてしまうのです。
周回遅れのF1マシンが、シューマッハーに道を譲らないのと同じです。
ロータスのミカハッキネンです。(激古!!!)

ってなわけで。
みなさま今後ともよろしくであります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

中島美幸な日


ずいぶん長い間放置しておりました。
ブログは更新されずとも、GNO2な日々を続いているわけでして。

今日は、午前中にチーチャで皆様にはげましのお言葉をいただきました。
はげまされるということは、また、私が泣き言をいっていたわででして・・

そんなわけで、今日は、重い指をあげて、更新記事をあげております。

なぜにこんなにどんよりとしているかと申しますと。
MP200位以内もままならず。
今クール二つ名ゲットもままならず。
あ~あ、なんて思っていたのです。

でも、ま、冷静に考えるとそれはこれまでのペースとそんなに変わらないわけでして。
MPもどちらかというと、意識するようになって、これまでより、
それでも上位にはいるようになっているわけで。
戦功獲得ペースも、
3クールで大尉の1000ゲットしたことを考えると、これまでより、
よくなっているわけで。

じゃあ、なぜ、雰囲気が重くなっちゃうの?
と考えて見ますと、戦功のペースや、ランキングを意識するようになったため、
ほかの人との相対的なところを意識するようになったわけで。
これまで、自分の中だけで一喜一憂していたのが、他プレイヤーの様々な努力と工夫を感じ、自己のおかれるポジションを再認識したわけでして。

かといって、チームの皆様には常にご指導、ご鞭撻をいただき、必要な情報は常にいただいておりまして。
過去のブログをみてもわかるとおり、それこそ、懇切丁寧なご指導をいただいておりますのに、私が問題を直視せず、(ちょっとはしているのですが)おなざりな編成を繰り返した結果なのであります。

まあ、要は目標を高くかかげすぎて自滅していたわけなのであります。

・・・・・・・・・・・・重い^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »