« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

強い!負けてない!けどVPかわらないorz

【戦績集計結果】- 全件集計

サンプル時間(2005/10/31 22:16:14 ~ 2005/10/31 22:37:25)

◇戦闘
[総戦闘回数 4回] [平均戦闘時間 05:17] [戦闘回数 11.33回/時間]

◇勝率
[4勝 0負 0引き分け] [勝率 100.000%]

◇VP
[平均取得VP 100.8VP/戦闘] [1141VP/時間] [27384VP/日]

をお!

つよい、つよすぎる・・・

我が部隊も強くなったものだ!

 

と、酔いしれておりましたが。

VP順位は174位

今朝6:00からビタ一文動いていません;;

とってもジャンプアップしてるかと思ったのですが。

 

ま、それだけ競争が熾烈だということですね。

なにも手をうっていなければ、今頃300位の憂き目にあっていたやもしれません。

よかった。と思うべきでしょう。

 

ログをチェックすると、PC戦全敗。

それ以外は全勝。

やはりPC戦が問題だったのですね。

先に書いたように、ジオンMA興隆のこの時期には宇宙は天下無敵。

連邦軍は地上に・・・・

猛者がごろごろいます。

私が勝てないような方々ばかり。

この時期は宇宙へ逃げることが得策のようですね^^

学習学習。

もしくは、トップクラスのレベルあげをマスターしておくか、というところでしょうか。

 

次回は宇宙移住をかんがえよう・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

復活のグフ☆

グフ☆を低壁として投入しました。

 

じりじりと落ちていたVP順位を前回のHP調整で応急手当、

その後、ヒロVP塾の融資を受け、初めての専用イフリート改を投入し、大幅リニューアルした我が部隊。

VP上昇に転じるかとおもいきや、かろうじて順位が落ちることはとまったものの、同じ順位を前後するにとどまるのが精一杯。

戦闘の様子を観察すると、砂ザクがネックとなっていた。

攻撃力はあるものの、どうしても先行して敵にねらわれやすく、一度攻撃対象となってしまうと、2Tで、 2機に狙われてしまうと1Tで葬り去られてしまっておりました。

隊長の専用イフ改は距離2設定にしているにもかかわらず、なぜか距離3の間をとって攻撃したがり、壁の役を果たしておりませんでした。

結果、専用イフの1壁のみとなり、その1壁が左右どちらかによってしまうと、反対側からあがってきた射撃ががらあき、 あっという間に敵餌食、という構図でした。

戦闘事態は、他の優秀な機体と手塩にかけたパイロットたちの活躍により、勝利を収めることはできており、ただただ、 機体一機損耗のためのVP値減という状態となっていたようです。

 

砂が落ちても勝てる・・・

じゃ、砂っていったいなに?

と考えてた時に、メスタ氏の言葉がおもいだされました。

うちはグフ☆が大活躍。攻撃よけまくりです・・・・

グフ☆、まだいけるんだ・・・・

うちにもイフ登場まで活躍し続けたグフ☆が二機、静かにガレージに眠っておりました。

HPは156と180・・・

これなら。

立派な低壁。後ろの砂、ザクキャ☆より確実にHPは低いのです。

しかも、壁としてつかうので、優秀な壁パイが一人あまっています。

赤い髪の女、ジェリルクチビです。

あの、ギリシャ空軍を手玉にとった魔性の女。

ダブリンのあばずれです。

彼女を乗せれば相当強力な壁となってくれます。

どうせ砂は落ちてVP落す原因となるのなら・・・

 

と、いうわけで、グフ☆を投入したのです。

結果・・・

さすがに無傷、とはいきませんが、避けまくりで落されることはまずありません。

気力9ももってますかし。

で、ただの壁、ではなく、ヒート剣も少なからずHIT!

攻撃面で、それほど砂との遜色はありません。

余っていた搭載1も解消され、まずますの編成だと、ひとりごちています。

VP順位も微増!

まだまだ予断はゆるされませんが、今の私の最小公倍数の一つ。

組み合わせだけで強くなることを発見したとき、すごく気持ちがよいですね。

二桁目標などと申しておりましたが、現在は200位を割らないことが目標となってきました^^;

【戦績集計結果】- 最新の10件

サンプル時間(2005/10/31 00:02:58 ~ 2005/10/31 00:57:29)

◇戦闘
[総戦闘回数 10回] [平均戦闘時間 05:27] [戦闘回数 11.01回/時間]

◇勝率
[9勝 1負 0引き分け] [勝率 90.000%]

◇VP
[平均取得VP 82.4VP/戦闘] [ 906VP/時間] [21744VP/日]

サンプルの中でPC戦があり、7分かけてVP0が一回ありました。

それがなければ、平均90Overの時給1000Overでしたのに・・

とはいえ、これが現実。

PC戦全敗を視野にいれると、これが適正な集計値ですな。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2005

チェンバロ作戦スタート

10月28日20:00

チェンバロ作戦がスタートしました!

VP獲得競争のスタートです。

29日朝7;27分にログオンすると。

162位です!

そうそう。

これくらいからスタートしたいものです。

これならば、100位以内を目標にがんばれそう。

毎時間じりじりあがって・・

きっと作戦終了までには2桁上位!!

 

などと今クール初作戦の成功体験がわすれられず。

妄想にひたっておりました。

が。

本日VP推移をチェックすると。

162→163→165→171→167→169→175→

174→175→178→184・・・

と落ちぶれる一方であります。

時間と共におちていきます。

 

何か手を打たねばなりません!

 

GPO2のログをチェック。

PC戦は連敗に次ぐ連敗。

トトさん情報によると、宇宙でビグロ、ブラウブロと強力MAがリリースされているため、連邦VPがこぞって地上におりているとのこと。

連邦VPランカーをチェックするように言われ、覗いてみると。専用BDや、陸ガン、がたくさん・・・

BDが地上機なので、上位陣がこぞって地上勤務なことがわかります。

鹵獲された我が軍の銘記ザクキャがいるのがいたましいです。

ここは虜囚の辱めをうけぬよう、Wガンダムよろしく自爆スイッチをおしていただきたいものです。

それ以外ではほぼ全勝。最前線にいていてよいようです。

前線に戻してVP効率をあげる手は今回はなしです。

VP獲得率はちとまばらでした。

100 OVERや90前後で推移しているようです。

いいじゃない・・・

これど順位おちるのかよと、プンスカしながら見ていると・・

いやいやいや。

ところどころで77とか、49!!!とかがあります@@

このへんが順位があがらない原因かなあ・・・

 

戦闘を観察です。

すると・・・

的の低HP狙いがうちのバズーカ担当砂をねらってきます。

このへんだよな・・・

HP204上げの回避下げにしました・・・

ついでにヒロ塾長の火力不足指摘をとりいれ、アレさんの距離2射撃不要論をアレンジして・・ちと編成をいじってみました。

格闘壁2機を1機にしました。

専用イフリートから並イフリートに

HPを下げて204にしました。

これで低壁となります。

うちの隊長は射撃壁だったのですが・・・

超高性能のイフ改にのせちゃいました。

ロケットランチャーが強力なのです。

こいつはHP240の高壁であり、搭載18の強壁でありあます。

その後には4000ポイントで獲得した砂×2

いずれもHPをあげて204としております。

並イフといっしょ。

これで最初から低HP狙いに狙われることもなくなります。

最後尾にはザクキャ☆を配置。

これはHPは192でもっとも低いのですが、距離4キャノン砲攻撃担当なので、よっぽど編成が崩れない限り、 低HP狙いにねらわれることはありません。

今日考えたところでは、これが最良編成かな・・・

搭載が2余っていますけど。

 

これで様子をみますと・・・

【戦績集計結果】- 最新の5件

サンプル時間(2005/10/29 20:22:26 ~ 2005/10/29 20:48:56)

◇戦闘
[総戦闘回数 5回] [平均戦闘時間 05:18] [戦闘回数 11.32回/時間]

◇勝率
[5勝 0負 0引き分け] [勝率 100.000%]

◇VP
[平均取得VP 93.0VP/戦闘] [1052VP/時間] [25248VP/日]

 

こんな感じになりました^^

平均93

これなら競争に参加できますね^^

 

そうこうするうちに。

175位!

184位からの9人ぬき!1時間で!

こいつは・・・

期待しちゃう!

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2005

オデッサ終了

オデッサ作戦が終了しました。

悲劇的な進行度上昇をもって。

エリチャでも大騒ぎでした。

10%ほど残っていたグラフが、連邦軍のオデッサ突入、オデッサ鉱山基地の陥落、を25日22:00に同時に発生し、 あっというまに100%に・・・

私のような超、ハイレベルなMPプレイヤーがVPに転向すると、戦争の趨勢さえ、左右してしまうのだなと実感してしまいました。

あ、石は投げないでください。

投石はいけません。

 

作戦もおわりましたので、VP値を気にせず、超豪華編成で最前線常駐です!

豪華といっても貧乏ヘタレVPの私のこと。

時代遅れの編成ではありますが。

修理値348!

作戦中は決して手がだせなかった修理値です。

もう、最前線でもまず勝てます。

204勝4敗

対PC戦11勝4敗。

う~~ん、強い!

次の作戦までに必死で経験地とスキルポイントを稼ぐのであります。

 

次は宇宙か・・・・

宇宙は地上よりVP有利とか・・・

うちは宇宙へゆくお金がありません・・・

地上でがんばる私でした・・

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

ZOC考

ZOC

それはZoneOfControll

自ユニットの周囲のヘックスを敵ユニットが通過する際、移動コストを追加する、というスキル。

らしい。

で。

こんなもん、なににつかうんや!

と思っておりましたが。

取得することを決意しました!

・・・え?また余計なよりみちしてるって??

素直に防御と反応あげとけって?

 

だって、しょうがないじゃないですか。

思いついてしまったんですから;;

 

その取得目的ですが。

後方の射撃を守るため、敵を後ろにそらさないため、にZOCを取得するのが一般的なことのようです。

私の目的は・・・

敵を逃がさないことw

前衛は高HP狙いにしております。

敵の射撃をとっとと落したいからです。

追撃なしの索敵3。

ターンを重ねる毎にじりじりと敵陣奥深くもぐりこんでゆきます。

それとともに。

敵の射撃、ガンタンクⅡや、ロケットランチャーかついだ陸ガンがじりじりと後退してゆきます。

うちに後衛が敵壁を蹴散らし、さあ追いつこうかというころには。

敵壁(液キャべではないw)ははるか彼方へ・・・

おいつくのに2Tくらいかかりそうです・・・

そこで!

そんな私が思いついた秘策がZOCなのです。

これがあれば、いったん敵射撃に取り付いたら最後、追加移動コストの重圧で、逃げることができなくなる(ハズな)のです!

すると、敵の得意とする距離3の飛び道具さえ使えなくしてしまいます。

しかたなくビームサーベルをぬく敵。

またはサイドアームで非力に応戦する敵。

そうこうしているうちに、我がほうの射撃部隊が追いつき。

ZOCの虜囚となった哀れな連邦ユニットを。

殲滅、粉砕する。

という、シナリオなのです!

 

う~~ん。すばらしい。画期的だ。

なつけてこれ、とりもち殺法、ですな。

 

わははははははははは・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

はぁ。

またしばらくヒロりんとアレさんには顔向けできないな・・・orz

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 23, 2005

方針考

ニックさん、アレさん、コメントありり~~ですm(_ _)m

作戦毎、ね。

迷える私には、おおきな指針です。

はっっとします^^

作戦毎で考えると、当然今は経験値重視と考えるのが自然。

で、アレさんのいう、

中途半端なVP順位を求めるために,経験値も少なくなる→他のVPさんに比べて弱くなる→また順位が下がる

という悪循環、これに乗ってみよう、という姿勢なのです。

そこで得られるものは・・・

どんなものかな、っていうこと^^;

え?みえてる?いみない?

そう・・・なの・・・で、・・・しょう・・・ね・・・・・

(↑得意の煮え切らない姿勢orz)

 

いえ、その・・・その悪循環のなかで、どれだけVPをみつめられるか、を試してみたい、と・・・

な、ナンセンスでしょうか^^;

 

そうなのかもしれませんね~~・・・・・...( = =)トオイメ

 

などと考えながら、

結局、最前線に戻ってまいりました!

2~3戦様子をみてみると、修理値どおりの316秒で一戦がまわせることが確認できましたので、放置しても大丈夫かな、 と思っています。

昨日と変わったことはスキルを少しずつあげただなのですが。

これなら、放置してもVP上昇に転じられそうです。

【戦績集計結果】- 最新の10件

サンプル時間(2005/10/23 09:22:12 ~ 2005/10/23 10:15:15)

◇戦闘
[総戦闘回数 10回] [平均戦闘時間 05:18] [戦闘回数 11.31回/時間]

◇勝率
[10勝 0負 0引き分け] [勝率 100.000%]

◇VP
[平均取得VP 88.8VP/戦闘] [1004VP/時間] [24096VP/日]

このペースで推移すればVP値は上昇できるでしょう。

・・・推移すればね。

PC戦でぼこられると、すぐにダウンするでしょうね・・

なんつったって最前線にいるVPの人はレベルわたしより2~3高めですからね・・・・

アレさん、ニックさんのアドバイスをさらにわかりやすく解説いただき、ありり~~です^^

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

VP上昇

VP297位浮上。

ふ~~、ようやく上昇傾向となりました。

戦績は次のとおり。

【戦績集計結果】- 最新の10件

サンプル時間(2005/10/22 22:06:04 ~ 2005/10/22 22:57:18)

◇戦闘
[総戦闘回数 10回] [平均戦闘時間 05:07] [戦闘回数 11.71回/時間]

◇勝率
[10勝 0負 0引き分け] [勝率 100.000%]

◇VP
[平均取得VP 70.3VP/戦闘] [ 823VP/時間] [19752VP/日]

やはり、狙い通りVP70/一戦の時間当たり11.71回。

VP時給はこれで823という展開です。

これならば上れます。

どのへんで頭打ちになるか・・・

時間がゆるせば200位くらいまではあがれるのではないかと考えています。

 

ニックさんから経験あげのご提案をいただきました。

いや。

まったく。

そのとおりだと思います。

VPTOP経験者のご意見はものすごく、説得力があります。

 

で、でも・・・

今回は戦線へ移動させてくださいm(_ _)m

確認したいのです。いろいろと・・・

VPって、いかに美しく勝つか。

だったら、レベルなんて関係ないかも、って。

でもヒロさんが時給1000越えて、一戦あたり90をこえていることをみると・・・

レベルあげて強い敵を美しく勝つことが大事なのですね・・・

で、あれば・・・・

やっぱ、今はレベル上げに専念すべきかな~・・・

 

悩めるひびですなw

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

前線へ後退

VPが365位・・・

下がる一方です^^;

そこで。

前線に下げることとしました。

修理値300編成にして。

弱気というなかれ・・・

まあ、結果からいえば、

VP平均65だったのが70オーバーを維持できそう。

戦闘回数11回をきっていたのが、うまくいけば12回に限りなく近つけそう。

5分以上手間取ることもなさそうなので。

最前線では相当手間取っていました。

なおかつ修理値は316とか338とかで編成していたのでさらに時間がかかる。

一回あたりのVPは80オーバー、90オーバーもありましたが、LV23相手になるととたんに50代、

PC相手だと確実に負けています;;

私は、ヒロさんいうところのおいしいジオンPCと成り下がり、敵に高VPを与え続けていたのでした。

7分かかって負けるなんて・・・

とても非効率。

だから、平均VP70以上で12回転できれば時給が840

今の時給682と比べると格段によくなります。

さらに、前線で出会うPCなら、きっと勝てる、とおもわれます。

ならば。

一時間に1回くらいはPCを倒したボーナスVPがいただけ、そのときは、グンっとジャンプアップできるはず。

 

その反面。

トレードオフするものは経験値。

VP50代といえども、経験地300弱の連発でした。

それが前線に下げると、経験地は余裕で100を割り込みます!

これは・・・・

レベル2極化の低いほう定着決定です。

 

なやみましたが。

つか、考えましたが。

 

VP優先でゆくことにしました。

 

つまり今後もずっと、最前線ではなく、前線、ひょっとしたら通常で、最高のVPパフォーマンスを探ってゆく、ということです。

上位VP者が超高給をとりつづけている中、薄給の生き方を選ぶのです。

これでどこまで食い下がれるか・・・

VP、なげたらあかん!

あぁ、VPって人生に似ている・・・・

(↑なんでもVPにみえるVPジャンキーwww)

 

【戦績集計結果】- 全件集計

サンプル時間(2005/10/22 01:37:01 ~ 2005/10/22 16:56:18)

◇戦闘
[総戦闘回数 159回] [平均戦闘時間 05:46] [戦闘回数 10.38回/時間]

◇勝率
[144勝 15負 0引き分け] [勝率 90.566%]

◇VP
[平均取得VP 65.8VP/戦闘] [ 682VP/時間] [16368VP/日]

| | Comments (1) | TrackBack (0)

VPシンドローム

今日、ボーリングしてきました。

ボーリングってVPににてる・・・

だって、より完全な勝利が大事・・・

完璧に全部のピンをたおした方が点数がいい。

一ピンでも残すと、点数の倍倍ゲームがとぎれてしまう。

この緊張感!

ちょっとでもダメージをくらうとVP値がおちてしまう。

(スペアやストライクのような連鎖効果はありませんがね)

VP値の減点は作戦がおわるまで贖罪されず、最後までのこる。

PC戦に勝利すると倍のVP

PC戦に負けると0

ほかのひとはそのスキに一回分くらいを獲得して、がっつり差をつけられちゃう・・・・

 

え?ボーリングがVPに似てるだなんて、こじつけだって?

なにをやってもVPを連想してしまう。

それがVP症候群www

 

そもそも私がVPをやりたくなった理由は、GNO2を理解したかったから。

いろいろな方のお話をきいていると、まったくわけのわからないことばかり。

低壁って?高狙いって?乙レロってなにがいいの??

(わかっていないので、気の利いた質問さえおもいつかない^^;)

MPをやっていてもレベルがあがらず、れべるのあげ方もわからない始末。

時間を投入して実現するMPランカーなんて私なんかがやってはいけない。

放置すればレベルがあがるというが、それにもコツというかやり方がある。

わけのわからないまま放置してレベルがあがらず、どんどん落ち込んでいったのは去年の年末の話。

それも記事にありますけどね^^;

 

そんなこんながありまして、VP転向しか理解の道はないと考えておりました。

本読んだり、HPしらべたり、ほかのひとのブログを研究するなんて、私は苦手です。

実践あるのみw

だったのです。

で、壁とか、スキルとか、高壁とか低壁とか、遅延設定とか、いろいろ覚えられました。

人のことばがわかるようになってきました。

VP順位を意識していると、必要なことが耳にはいってくるのです。

ブログで記事にすると、みなさんに意見を出していただけ、チームチャットでもいろいろとアドバイスを受けることができました。

つまり、VPを理解するためのVP転向は、いまのところ大当たりなのです。

しかし、GNO2理解度の絶対値は低いまま。

それが、順位に現れ、レベル差に現れ、とうとう実生活でもVPを連想してしまう始末。

これがVPシンドローム醸成の過程、かな。

 

治癒方法?

知識セオリーは知って理解して、それで実行して、思い通りの戦績をのこして、なおかつハイランカーに一回は顔をだすこと。

かな。

したら治癒する。

はず。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最前線到達、という一里塚

敵のレベルが上がった、というか元にもどりましたね^^

技術レベル上昇後のラッキータイム24Hが終了です。

昨日は我が部隊も強くなったものだと、感動しながら画面をみていましたが、敵レベルが元にもどった今では、 相変わらずの苦戦の連続です^^;

ちなみにガンタンクⅡが登場したようですね。

 

とはいえ、昨日から最前線への定着が実現しました。

なんとか勝率9割を維持できております。

 

さて。

ここで振り返ってみますと。

この、最前線への定着、ということに大きな意味を感じております。

前作戦、連邦のサイド4攻略作戦。

このとき、上位の方々は最前線で活躍されていらっしゃったようです。

前線と最前線では獲得VP値が推定で70:90

相当の差です。

この作戦までに最前線へ定着する、ということが二極化で上位へゆくかの大きな分水嶺のようです。

最後にレベル40で終わるのか42へ到達できるのか、のような。

この作戦までに最前線へ到達するにはどうすればいいのか。

なぜ、私は到達できなかったのか。

それが専用機の活用だったのではないかと考えております。

専用機枠は隊長2機、各パイロットが1機ずつ。

貧乏性の私はいつも使えずに終わっていました。

使いどころも、その意味もよくわかっていませんでした。

今、わかっているのか?といわれると、それも怪しいものがありますが、少なくとも、ヒントはつかめたと思っています。

専用機を計画的に投入し、40日以内に最前線に上がる、ということなのでしょう。

私はVPだけをみていて、よりよりVPのために、世間様より一つしたの戦場に腰をすえてきましたが、 その作戦では経験値を獲得できずにレベルアップのスピードが格段に落ちてしまいます。

よりよいVPを目指して、前線から通常に移動しようとしたとき、ヒロ塾長はだめ~~~、絶対、だめ~~~と、 必死に制止していただきました。

それは、この、前線へあがるための経験値積みを重視されていたのですね。

塾長のフクアカ、MP担当のはずのケイトちゃんでさえ、レベル26

私より2つも上ですorz

乙レロで一気に逆転されました。

乙レロ・・・・

私は乙レロの乙がサイコミュ試験用ザクであることさえ知らなかったのですが、これが、また、一つのKeyWordのようですね。

ザクレロ投入と同時に一機に最前線デヴュー。

ここで経験値をねこそぎ奪い、一気にレベルアップ・・・

これもセオリーのようです。

その話は今クール聞くには聞けていたのですが・・

アレさんに、乙レロセット一式用意してもらってはいたのですが・・・

VP値は低い、一勝するまでに時間がかかる、(修理値もさることながら苦戦するから。)、経験値もおおいときはいいが、 負けることも多い、と散々な状態だったので、すぐに地上に舞い戻ってしまいました。

まだ私は準備ができていなかった、ということですね。

しかし、その反面、手持ちの旧式装備の組み合わせを研究してみると、そこそこ強い編成ができた。

ちょっと記録はなくなってしまいましたが、あ、まだ工夫する余地があるんだな、旧式の最適解ってあるんだな、 という発見をすることができました。

まあ、それすら、上位の方々にとっては甘~い編成ではあったとおもいますが^^

私にとっては大きな進歩でした。

 

話はそれましたが、最前線への最短到達までのセオリーがある、ということのようです。

それで。

とりあえず、考えてみました。

専用機計画・・・・

 

 

 

続く!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オデッサ作戦開始/連邦軍

作戦がスタートしました。

VP競争の始まりです。

20時スタートのあと、翌2時に確認したところ。

287位!

から、今、目の前で315位に変わりました;;

いやはや。

きびしいですな。

LV26の連邦PCにぼこられた直後なのでしょうがないかな。

そのひとは、G-3、専SC×2、EZ-8という、バカみたいな編成でした。

強すぎてバカみたいだとおもいませんか?^^;

(←なげやり)

前線に下げればVP獲得率はアップするでしょうが、経験値の量で圧倒的な差がついてしまいます。

いや、すでについている差が、さらにさらにひろがっていってしまいます。

ここは、やはり、前線でふんばることといたします。

1線あたりの獲得VP値は80~90。

高レートだなあ、とおもっていたら・・・

ヒロさんとこのHPみると、VP92が平均だそうで。

すごいっすよね~~時間当たりも1000だそうで・・・

ちなみに私の戦績公表

【戦績集計結果】- 全件集計

サンプル時間(2005/10/22 01:37:01 ~ 2005/10/22 02:21:56)

◇戦闘
[総戦闘回数 8回] [平均戦闘時間 05:36] [戦闘回数 10.69回/時間]

◇勝率
[7勝 1負 0引き分け] [勝率 87.500%]

◇VP
[平均取得VP 70.0VP/戦闘] [ 748VP/時間] [17952VP/日]

サンプル数すくないけどこんな感じです。

ちまちまいじって、ちょっとづつ上ってゆきたく考えます^^

 

 

・・・でも、どういぢればいいんだ?( ̄ロ ̄lll)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

専用機考

私の専用機計画。

①壁A 隊長を壁にする。

隊長はずっと2列目の射撃としてきましたが、一番成長が早いのが隊長。

一番成長値を獲得できるのが壁。

ということで次クールは初めて隊長壁を実施します。

え?常識?

そうです私は常識がないのですwww

ま、VPをやる目的はこういう常識的なことを覚える、GNO2の仕組みを知る、ということだったので、目的どおり、学習ができて、 してやったりなのです。(←・・・こんな人なのです。私って・・・::)

で、機体は、開戦と同時にF★。

ナリさんに習った技です。

で、専用Pグフ。

これは・・・・

私は、相当Pグフを嫌っていたのですが・・・

ヒロ塾長の熱心な説得とVP上位の方々の流行を見ると、もはや印象派だなんだとは言っていられません。

決めました。Pグフ。専用。

ジツハ、イフリートも、わけがわからないので、だいっきらいだったのですが、先日ジオノグラフィーで発売されたグフが、 イフリートへコンパチできるという記事を読み、なんだ、イフリートってグフなんだ、となんとなく安心感を得ることができたので、 今回は購入することができました。

精神的に^^;

しかも専用機とノーマルの2機を。

と、自分の中の食わず嫌いがすこしずつ薄れてきたことと、純粋に数値をおっかけることで、Pグフを補給する決意ができました。

え?おそい?

いいの次のクールからいれるのw

 

②壁B

壁にはCからスタートの、う・・・ん・・・

専用陸か専用アッガイ、かな・・・・

せっかく使い勝手のよい陸を専用機にしたらほかの人使えない、と思ったけど。

陸はどうせ3機くらいかうことになるしな。

もしくは、引っ張るだけ引っ張って、専用グフカス、がいいかも

 

③2距離射撃

思い至りません;;

 

④3距離射撃A

これは専用砂ザクをもってきます。

サイド4

前作戦のとき大流行してたので^^

☆はどうせ手に入らないと思いますしね;;

 

⑤3距離射撃B

ここには専用陸を

 

⑥4距離射撃

専用のタンクにするか、ザクキャにするか思案中・・・

ザクキャがお好みなのですが、搭載が15はちと重いかなと^^;

タンクの12も微妙といえば微妙なのですけどね。

陸と代えられるし^^

 

こんな感じでいこうかな~と。

地上編成で使い切ります。

今クールは地上で通すつもりです。

地上か宇宙かどちらか一方にずっといたほうが投資効率はいいですよね^^

次クールも地上の予定。

上記の編成を試すためにね。

その次は宇宙通しで宇宙のVPのやり方を覚えたいですね。

それ以降の希望は、

・普通に地上、宇宙と作戦によって移動するVP

 VPなんとか上位に名を残して、VP卒業

・でMPへ復帰。

 レベルを高く維持できるMPプレイヤーを目指す。

 作戦ではなく、特殊任務をおっかかることのできる遊撃隊。

これが最終的な目標ですね^^;

 

 

・・・やっぱ・・・ 任務したいよ~~~~~~~~~~!

最後に戦績報告

【戦績集計結果】- 全件集計

サンプル時間(2005/10/20 22:00:55 ~ 2005/10/20 23:53:53)

◇戦闘
[総戦闘回数 19回] [平均戦闘時間 05:56] [戦闘回数 10.09回/時間]

◇勝率
[19勝 0負 0引き分け] [勝率 100.000%]

◇VP
[平均取得VP 61.7VP/戦闘] [ 623VP/時間] [14952VP/日]

VPおちてる・・・・やっぱ敵は強くなったんだな。実感

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 20, 2005

最前線にきて思うこと。

ガンダムです。

ガンダムがいます。

普通にwwww

そのハイパーバズーカの威力たるや・・・・

140~150を連発されます。

手負いの射撃は一撃で葬られます。

 

う~~ん・・・甘くないwww

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2005

サイド4防衛失敗=レベル上げタイム

サイド4が連邦軍に攻略されました。

我が軍の防衛作戦は失敗です・・・

 

し、かぁ~~し!

VP派に変わった私にはそんなこと関係ないのだ!(暴言)

戦闘終了、それはレベル上げ開始のシグナルなのです。

と、いうわけで、部隊を最前線へ移動させました。

ここには、前線にはいないLV22がうようよしています。

前線では超強敵だった、LV20が普通にいます。

何敵ばかりですが、勝てないわけわありません。

塾長にすすめられた専イフとアレさんに推挙された陸ザクバズコンビが連邦の戦力を奪ってゆくのです。

あげてみると・・・・

経験地は苦戦して90台(ナンセンス!!)、快勝すると300弱をむしりとることができます。

・・・VP上位の方々はこんな環境で苦労されていたのか。

そりゃあ、VPおいつけず、レベルもはなされるわけだなぁ。

 

もちろん、技術レベルの向上で敵レベルが下がっていることも重要な要素ですけどね^^;

 

あ、VPといえば、結果報告!

今作戦では148位でした。

なんとか150は切れました^^

数日前の地獄のチュートリアルのおかげですね。

あれがなければ多分200位前後で終了してたでしょう。

(ひょっとしてさらにわるかったり^^;)

 

逆にいうと、これが今の私の相当な実力だとおもいます。

まだまだ知らないこと、理解していないことが多い中の、成績ですね。

また少しずつ理解を繰り返してですね、上位にはいれるよう精進したいものです。

・・そう、思うと、やはり最初の作戦は記録に残るチャンスだったんだな~^^;

 

そんななかで、アレさんに教わった補正値に注目しています。

Fより陸!当然!なぜなら地上補正が加わるから・・・

との教え。

で、さっきはアルさんが専用タコを壁にしているとかいう話をききました。

NT補正で回避が52もあるとか・・・

補正・・・

よくかんがえてみよう・・・

(↑こればっかりw)

 

戦績発表

【戦績集計結果】- 全件集計

サンプル時間(2005/10/18 21:39:13 ~ 2005/10/19 23:29:03)

◇戦闘
[総戦闘回数 279回] [平均戦闘時間 05:33] [戦闘回数 10.80回/時間]

◇勝率
[272勝 7負 0引き分け] [勝率 97.491%]

◇VP
[平均取得VP 70.2VP/戦闘] [ 757VP/時間] [18168VP/日]
────────────────

VP時給が70台に回復している!

と、感動してたのですが。

最前線に移動するろ、88とか93とかを連発!!!!

つよくなりたい。ボソ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2005

またしてもこのネタ。2極化、でございます。

世の中2極化、2極化と、貧富の差がなにかと取りざたされておりますが、ハッテジでもご多分に漏れず、 レベルの2極化がすすんでおります。

毎度毎度のことではありますが、VP強者の方は26圏内にいらっしゃいます。

お、お一人27、なんてかたもハイランクの方の中に発見してしまいました。

かくゆう私目はLV23。

MPの方よりは若干高め、VPの方の中では最底辺、てな塩梅でぇございます。

これも、最近わかってきたことなのですが、VPとLvをあげる成長値とは獲得方法がちと違う。

私のスタイルがMP一色だったころにはその違いがさっぱりわかりませんでしたが、VP意識の今日この頃、 その違いがわかるようになってまいりました。

強い敵に勝てば、成長値がたくさんもらえる。

きれいに勝てば、VP値がたくさんもらえる。

強い敵に勝っても、ダメージをたくさんくらってしまえば、VP値は異様にひくくなる。

きれいに勝つために自分より弱い相手とたたかえば、完全勝利などもあり、VP値はばかばか手に入る。

しかし、弱い相手と戦っても成長値はすずめの涙、とはいいませんが、それなりでございます。

それがしはVP意識派のはしくれ、前線に腰を据えて戦闘にあけくれております。

ここではVP地は平均70獲得でき、成長値は120くらいの割合です。

やつがれには、ここがバランスがよいようです。

最前線にあがろうものなら。

いっきにバランスは崩れっちまいやす。

勝つには勝てる。

うん。

8割くらいはwwww

しけぇし、勝ったところでVP値は20をきるありさま。

意味がねえ。

成長値は170前後を獲得できやすがね・・・

そんなわけで、あっしは前線でぇがんばっているのでがす。

 

ところが。

2極化上位のあにさんがたはぁ、最前線で勝ちまくり。

ヒロ塾長の時間当たりVP獲得値をみると。

959!??

ものすごい稼ぎじゃあござんせんか。

えらい方々はぁしっかりVPと成長値を両立させていなさる模様。

最終的にはlv40~41に修練されるとはいえ。

この時期のレベル差がまさに実力を正確にうつすものっぽく感ぜられやす。

かといって、今のやつがれには手も足もだせず。

作戦終了までは前線、終了後は最前線へとびこみ、成長値獲得運動にまい進いたしやず

 

ちなみに。

わたしも時給報告を

【戦績集計結果】- 全件集計

サンプル時間(2005/10/18 21:39:13 ~ 2005/10/18 23:22:52)

◇戦闘
[総戦闘回数 18回] [平均戦闘時間 05:45] [戦闘回数 10.42回/時間]

◇勝率
[17勝 1負 0引き分け] [勝率 94.444%]

◇VP
[平均取得VP 59.8VP/戦闘] [ 622VP/時間] [14928VP/日]

偉い方との実力の差は歴然・・・

ん?

ああああああ!

平均取得VPが70から59におちてるううorz

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザクバズーカ

う、う~~ん・・・

じゅ、じゅくちょう~~~ごめんなさぃ・・・

あ、あれさ・・ん・・・、そ、それいわないでぇ・・・・

 

はっ、夢か・・・・

ふ~~~。

 

先日、わが部隊の編成およびスキルについて、VP王者ヒロ塾長と、心理戦の巧者アレクセイ氏に地獄の責め車、もとい、 愛のVP道の手ほどきをいただきました。

自らの恥部を晒す、それはそれは過酷な授業でした・・・

 

そもそも。

私の編成の甘さを常に指摘いただいていたヒロ塾長。

以前から、というよりグフ壁、イフ壁、ドム壁と守りを固めてきたコロから、

「火力が足らない!」

という指摘を受けておりました。

ふ~~ん・・そうなのかな。

とは思いながら、その実なにを言われているのかさっぱりわからず、なすすべもなくたたずんでおりました・・・

火力は、距離4大好きな私は、ここぞとばかりに、 ザクキャやザクタンクをあちこちから仕入れてはとっかえひっかえ部隊の最後方へ飾っていたのでした。

そんな私に業を煮やされていたある日。

それは草木も眠る丑三つ時のこと・・・・

アレクセイさんとご一緒しておりました。

アレクセイさんは、連邦でも名を馳せ、MPプレイヤーではありますが、VPの酸いも甘いも知り尽くしたなかなかの手練なのであります。

われらがチームに参加するや否やあっという間に圧倒的なMP力を見せ付けられ、同時期に参加されたキム氏とともにハッテジを席巻、 チームMPランキングを一気に引き上げた立役者であります。

アレ氏は、ハッテジではたまたま後発であったため私が戦功をリードしておりましたが、しっかりロックオンされ、 いまや遅しと一気に差を逆転すべく、ピタリと背後につけられているところなのでした。

その心理戦術の巧みさで私は何度となく翻弄され、大海の木の葉のごとく大波に身を削られていたのでした。

その一方では、適確な指摘をいただいたり、ときには、MSを、また、ときには補給を大量に援助していただいたり、と、 私の所作はまさに釈迦の、いや、アレ氏の手の平の上状態と化しておったのであります。

そう、そんなアレさんからの指摘。

 そろそろ専用機いれましょうよ~・・・

 なにがいいかな・・・・

 専ゴッグ!

 まじっすか??あたらないし、あしおそいし、ねらわれるし・・・

 なにをいってるんですか、最強の射撃壁ではありあませんか!

 え、そうなの??ふ~~ん。でも・・・ねえ・・・

いまひとつ気がのりませんでした・・・

そんなときヒロ塾長が登場され、結局お二人とご相談した結果、壁に、専用イフリートをいれることを決心いたしました。

専用機について私はまったく考えておりませんで、枠は余りまくっていたのであります。

中盤以降、MSの性能があがり、選択肢もふえるため、専用機の恩恵を最大限に受けるためには、序盤に投入し、 がつんと他プレイヤーに差をつけることが肝要のようです。

VPをはじめて、そのことがわかってきました。

これまでは専用枠の使うタイミングがまったくわからず、最後の最後まで使用せず、ケンプファーや、 アクト等にわけのわからない専用機枠を使っていたのでした。

だから。

今クール、初めて序盤に専用マゼラを投入したのでした!

これは、この発想は私にとってはとても画期的なものだったのです。

その強力さは肌で感じてきました。専用機。

でも。

しかし。

それから先はまったく考えなしでした。

周囲でPグフが出回るころから・・・

専P、専陸、専砂と・・・

みなさん着々と専用機投入を横目にふらふらとしておったのでした。

そんな私ですから、上級者のお二人はみていられなかったようです。

さて。

壁は一機きまりましたが、そのほか、格闘壁1、射撃壁、射撃がまだのこっており、 専用機枠を活かせる時間はどんそん過ぎていっているのでありました。

お二人はほんとに親身になって、考えていただきました。

壁は盾とってる?    いいえ

NTなの?        気力です。

隊長はNTなの?    気力です。

なんでザクタンクなの?・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・

なんだかよくわかりませんが、私が質問に応えるたびにお二人の様子に変化がでてきました。

 ヒロさん、・・・これは・・・・・

 あ~~あ

 われわれの想像のななめ横に位置しているようですなショウ大尉どのは・・・・

わけがわからないうちに・・・相当心配をかけてしまったようです。

とりあえず、わが部隊のスキル取得具合を掲示板にアップすることになりました。

それをみたとたん!

さらにお二人は驚愕につつまれ、嘆き、怒り、まるでこの世の終わりがきたかのような騒ぎとなりました。

わたくしはまたしても訳がわからず、ただ小鳥のようにぶるぶると震えておりました。

なにがいけないのだろう、お師匠様方の言うとおりにしてきたのに・・・・

どうやら、そうとうあべこべのスキル取得をしているようです。

VPの美学からは程遠いとこにいるらしく・・・

これはお手上げですね・・・・

成長させていないパイロットを距離3射撃に育てるしかありませんな・・・

などと、私は自分が手術台の上に横たわり、外科医の先生方が末期がんを観察するかのごとき会話を遠くに感じておりました。

そうこうしているうちに、ヒロ塾長がMSを貸し出し、アレさんか資金援助し、 瀕死のわが部隊を強制的な矯正をこころみられることとなりました。

しかし。

この時点で時刻は午前4時。

明日は土曜日とはいえ出社。

もう、寝なければいけない時間はとっくに過ぎ去っています。

かといって、寝ずに就業できる気力はありません。

なんせ気力スキル-1億なもので・・・・wwww

あ~~あ、いいよ。明日かんがえるから、今日はすきな編成にして・・・

塾長のお言葉をうけ、これまでどおりの編成でねました。

(*⌒д⌒*)アハ

それが逆鱗にふれたらしく、翌日にはMS没収とあいなりました。

 

さて、ここで学習。

ヒロ塾長が貸してくださったMSはPグフとデザートザク

専用Pグフはグフカス並みの性能があるそうです。

これは、すでに、グフカスとイフを手に入れていたのでちょっと使ってみてイフに変えてしまいました。

砂ザクは、バズーカを持たせて射撃をさせてみました。

すると。

これはとてもツオイことが判明。

100弱の攻撃力なかなかの命中率。

VPランカーをみても、砂は大流行!

トレードチャットをみても、高値で砂☆を求める声が!

リリース当初はそれほど目だっていなかった砂ですが、ここでこんなに脚光を浴びるとは予想しておりませんでした。

私の購入したそれはすでにイワクラ氏のドムと交換済みでした。

でも。

ザクタンクやザクキャノンより、まだザクのバズーカの方がよさそう。

これは開眼でした。

ザクタンク×2の火力が弱い、とはこのことだったのだな~~と。

その後、アレ氏からの再三の指摘にやっと腰をあげ、陸ザクを中心にすえた編成としました。

隊長機のマシンガンと射撃のマゼラトップ砲。

一機はわれわれの会話を聞いていたパプワ氏が融通してくれました。

まったくチームの方々のご支援なしには我が部隊は存在しえません。

結果、190位前後をうろうろしていたVPランクも1時間あたり、一つずつ順位を上げ始めました。

アレさんいわく、

ね、あがってきたでしょう・・・・

はい。

塾長曰く

まったく頑固なんだから・・・・

はい。

 

一つずつ勉強させていただきます・・・・

(遅い!)

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

宇宙でふらふら

次の作戦は北米とか・・・
宇宙でへろへろしていると背徳の気分です。

ザクレロで宇宙にいるのはほんとのVP獲得狙いとしてよかったのでしょうか・
だって、搭載が22もあるんだもの・・・
そんなに時間をロスしてもよいの??

ひょっとして成長値だけがおいしいのでしょうか???

などと悩んでもしょうがありません。
もう、かってしまったのですから・・・
貧乏VPプレイヤーの選択肢は狭いのです。
なんとかしてゆくしかありません。
せめて・・・
もう一機高機動☆をいれて、サイコミュをいれれば・・・

補給が足りません;;
任務しよ・・・
調子に乗ってSでも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2005

ザクレロ

ハイ、ザクレロげっとー!

高機動ザク改良型げっとー!

最前線デビューだ!

任務に耐えたサイド4反攻作戦。

それもこれもみな、このときのためだったのですね。

無我夢中で補給獲得に走ったものの、いったいどう編成したものか、まったくNoIdeaだった私。

そこに光を与えてくださったのはやはりチームメイト。

アレさんとアルさんが、異口同音に口走ったのは・・・

(Text走った、Key走った、指走った・・・がより正しいのか・・)

高機動を低壁、

ザクレロを高壁

サイコ×2の射撃

これで、前線放置可能!

とのこと。

みなさんが、よく話題にされていたことらしいです。

前クールも前々クールもたしかザクレロがとても話題に・・・

しかし、当時のわたしは何の興味ももっておりませんでした。

この時期はだって・・・

ザクキャ登場にわきたつころだったのですもの♪

それが、印象派プレイヤーの選ぶ道。

だって、ザクレロなんて・・・映画でも却下され・・・

へんな顔だし・・・

リアル路線のガンダムにいまだザンボットとかダイターンとかの感じではねえ・・・

いや、タイムボカン系というべきなのか・・・

まったく興味のキョの字ももっていませんでした。

しかし。

いまや私もVPプレイヤー。

みてくれよりも、性能なのです。エヘン

こつこつ貯めた補給を惜しげもなくつぎ込み。

ザクレロと高機動を手に入れたのでした。

サイコを買う補給はまったく残りませんでした。

サイコに乗れるNTは素養さえとれていません。

しかし、これだけでもいける!とのうわさ。

早速宇宙へ・・・

戦場はサイド2と4。

エリアをチェックすると、サイド2の方が弱そう・・・

サイド2の前線へGOです。

前線・・・PCレベル15.

地上の17とは大違い。

弱そうではないですか。

WarningEncount・・・・

敵はLv13

うっひょ~~~~^^

弱い!弱すぎる!

こいつは、最前線OKかな?

と早速気をおおきくして、LV13を軽くカタヅケルト最戦線投入、なのでした。

最前線での一戦目はレベル16.

エリート兵です。

地上でジムに切り刻まれた、あの、エリート16。

でも、こちらはザクレロがいる。高機動がいる・・・

結果は辛勝。

まあ、危うくはありませんでした。

地上とは違います。

勝てます。

いけます!!!

すっかり有頂天になってしまいました。(またかよ)

よくよくわが部隊の久々の活躍を見てやろうと次の戦闘を観察すると・・・

Lv18登場・・・・・

18????

わが部隊よりも上ではないですか。

とはいえ、いまをときめくザクレロがいます!(しつこい)

高機動がいます。

後方遅延です。

ねじふせられないわけがない!

結果は・・・木端微塵に粉砕されました。

ま~ね。こんなもんかね・・・・(ちとさびしい)

そんなわけで、今は前線にうつりました

前線は楽勝です。

lv14が最高、かな。

うはうはいっています。

(なんかまちがってるかな・・・)

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »