« 最前線到達、という一里塚 | Main | 前線へ後退 »

October 22, 2005

VPシンドローム

今日、ボーリングしてきました。

ボーリングってVPににてる・・・

だって、より完全な勝利が大事・・・

完璧に全部のピンをたおした方が点数がいい。

一ピンでも残すと、点数の倍倍ゲームがとぎれてしまう。

この緊張感!

ちょっとでもダメージをくらうとVP値がおちてしまう。

(スペアやストライクのような連鎖効果はありませんがね)

VP値の減点は作戦がおわるまで贖罪されず、最後までのこる。

PC戦に勝利すると倍のVP

PC戦に負けると0

ほかのひとはそのスキに一回分くらいを獲得して、がっつり差をつけられちゃう・・・・

 

え?ボーリングがVPに似てるだなんて、こじつけだって?

なにをやってもVPを連想してしまう。

それがVP症候群www

 

そもそも私がVPをやりたくなった理由は、GNO2を理解したかったから。

いろいろな方のお話をきいていると、まったくわけのわからないことばかり。

低壁って?高狙いって?乙レロってなにがいいの??

(わかっていないので、気の利いた質問さえおもいつかない^^;)

MPをやっていてもレベルがあがらず、れべるのあげ方もわからない始末。

時間を投入して実現するMPランカーなんて私なんかがやってはいけない。

放置すればレベルがあがるというが、それにもコツというかやり方がある。

わけのわからないまま放置してレベルがあがらず、どんどん落ち込んでいったのは去年の年末の話。

それも記事にありますけどね^^;

 

そんなこんながありまして、VP転向しか理解の道はないと考えておりました。

本読んだり、HPしらべたり、ほかのひとのブログを研究するなんて、私は苦手です。

実践あるのみw

だったのです。

で、壁とか、スキルとか、高壁とか低壁とか、遅延設定とか、いろいろ覚えられました。

人のことばがわかるようになってきました。

VP順位を意識していると、必要なことが耳にはいってくるのです。

ブログで記事にすると、みなさんに意見を出していただけ、チームチャットでもいろいろとアドバイスを受けることができました。

つまり、VPを理解するためのVP転向は、いまのところ大当たりなのです。

しかし、GNO2理解度の絶対値は低いまま。

それが、順位に現れ、レベル差に現れ、とうとう実生活でもVPを連想してしまう始末。

これがVPシンドローム醸成の過程、かな。

 

治癒方法?

知識セオリーは知って理解して、それで実行して、思い通りの戦績をのこして、なおかつハイランカーに一回は顔をだすこと。

かな。

したら治癒する。

はず。

 

 

|

« 最前線到達、という一里塚 | Main | 前線へ後退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72622/6509726

Listed below are links to weblogs that reference VPシンドローム:

« 最前線到達、という一里塚 | Main | 前線へ後退 »