« アフリカ降下作戦終了 | Main | 技術レベル上昇 »

December 16, 2005

サイド4反攻作戦と、低壁並グフの終焉

ヒロさんやパプワさんやニックさんが支店へでずっぱりで寂しい毎日です・・・

さて。

連邦のサイド4反攻作戦が始まっております。

そんなことにはお構いなしに地上でVPやってます・・・

いえ、ジオン軍のためを思えばこそ、なのです。

早く強くなって、S任こなせるようになって、MP復帰、なのです。

結果、わが軍の大反抗作戦により、星の屑が成功、連邦は和平の申し入れをするはずなのです!

だから、いましばらく、VPに浸らせてください・・・・・

え、いいわけがましいって?

そうかもですね・・・

構造計算書は検査済みになっているし、ただ作っただでだと主張しているどこぞのだれかたちと同じです・・・

 

さて。

この作戦、VP好調です!

30位スタートの15位までのぼりつめました!

その後、転落の一途の日々が始まり、現在34位でございます。

それでも。

この私にしては驚異的な場所・・・

VP強者の皆様は任務に励んでいらっしゃるのかしら?

ちなみにオーレンさんはVP1位に君臨!

今、2位かな?

わがチームは優秀ですな^^

いっぱい教えてもらおう・・・

でもついていけないかもしれないから、そっと観察しよう・・

 

順位は下降基調です。

敵のレベルアップがあってからのようですね。

レベル16

強いですね。

こちらの攻撃はなかなか当たりません。

低壁のグフがわりとすぐ落されます。

グフがおちると、もう、だめ。

3機の射撃が敵の低HP狙いジムに一機、また一機とおとされていきます・・・・

だいたい、射撃が一機かろうじて生き残り、隊長の専用Pグフは生き残る。

TO勝ち、VP20、なんて状態なのです。

7分もかけてwww

勝率は100%だけど、VPはずりずり落ちる。

てな感じでした。

 

グフがおちるのがいけないのです!

編成だけはまったく同じになっている軍師、ナリ様へ伺ってみました・・・

 グフおちませんか?

 全然大丈夫^^

 え?なぜ?スキルの取得で差がでているのかな・・・・

 隊長が乗っているから一味違うのさ・・・

ガラガラガッシャ~~~~~~ン!

ゴロゴロゴロゴロ・・・・

ビカーッ!!ドドォーーーーン!

 

衝撃を受けてしまいました。

ナリさんは・・・・

隊長グフ、2壁が専用Pグフ、なのです・・・

よくよくお話を聞いてみると、この2壁にするため、計画的に部下に専用Pを取らせた、とのこと・・・

これなら、がっつりとエリ16の攻撃に耐えられそうです。

で、よくよくVPランキングトップの方々を観察すると・・・

この隊長グフ、2枚目専Pグフ、という方が多いですね。

専Pグフの代わりに、専Pドムという方も多いですけど。

更にグフは★へ改造済みの方も多いです。

 

これは。。。。

とても納得できる編成です。

早速、まねさせていただきます!

90日後ね・・・

隊長推移 F★→専C→グフ★

部下壁推移 C→専Pグフ

という感じですかね・・・

隊長機改造も改造時がわからなかったのですが、これで、2回は消化できます^^

 

さて。

コツは教わったのですが、現状どうすればいいか・・・

新機種はリリースされたばかりなので、やはり、新機種導入が順当なところ。

とはいえ、貧乏VP生活者。

来週のレロ用に貯金をしている矢先です。

ここで使ってしまうと宇宙デヴューはとても遠のいてしまいます。

重グフで射撃壁を一枚ふやそうか、この時期の低壁の王道アッガイをいれるか・・・いろいろと考えましたが、やはり補給が大事です・・・

ばくちはうてません・・・

しょうがない。

このクールはこの編成放置で、ずりずりおとさせるか・・・

と思っていた矢先・・・

 

しょうさん!

隊長からのメッセージがとどきました。

あれ?へんなこと言ってないけど、なにかしかられるのかな・・・

不覚にも戦々恐々としてしまいました

アッガイかしますYO^^

なんてステキな提案なのでしょう!

わたしは、いいんですか、などと一瞬はじらいながらも、遠慮することなく、お借りいたしました。

同じ単アカプレイヤーの知者アレクセイさんに、ずるいよ・・・と言われることに脳裏を支配されましたが、わたしの貪欲な右腕は・・・・ トレード決定ボタンをおしているのでした・・・

早速グフといれかえ、回避55の威力を感じたく、観察しておりました・・・

すると・・・

なぜかこれまで無傷だったPグフががりがりと削られ・・・

みるみるうちに全滅を喫してしまいました;;

あれ?やはりグフがしっかりしているのか?などと考えながら

2戦3戦と様子を伺っていると・・・

やはりアッガイで正解だったようです。

しっかりと敵の攻撃をよけまくり、最後まで生き残ります。

それはすなわち後方の射撃部隊に累が及ばないということ。

しっかりとVP68で勝利することができました。6分かかってますが^^;

 

そんな感じで・・・

今日もみなさんに支えられてVPやっているわたくしでした^^

ありりです

 

 

 

 

 

 

 

|

« アフリカ降下作戦終了 | Main | 技術レベル上昇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72622/7643264

Listed below are links to weblogs that reference サイド4反攻作戦と、低壁並グフの終焉:

« アフリカ降下作戦終了 | Main | 技術レベル上昇 »