« August 2006 | Main | October 2006 »

September 11, 2006

技術レベル向上

昨日は、技術レベル上昇の日でした。

今回の目玉はグフですかね~。

ランキング上位の方々専P+専陸だったのを、専P+グフに買え初めていらっしゃるようです。

そのほかにも、ゴッグ、S、ヒルドブル、P☆☆なんかが発売されております。

わたしは今回の買い物はみおくるつもり。

Pの暴落にあわせて、安く低壁Pをいれよーかなーなんて考えています。

 

さて。

技術レベル上昇について考えて見ます。

私は天邪鬼なので人とは逆のアプローチになるやもしれませんw

 

技術レベル上昇後、24時間経つと。

連邦PCのレベルがひとつ上がります。

強くなるわけですな。

すると、これまで勝てていたようには勝てなくなる。

敵と自分とのレベル差もひとつ、開くのか、または狭まりますな。

 

よってですね。技術レベル向上の間に、少なくとも、レベルを一つはあげないと、敵とのレベル差が開くわけですな。

普通にVPをしていれば、まあ、この辺は問題ないですね。

戦線をあげようとるすならば、技術レベル向上の間に、二つ以上レベルをあがらないといけない、ということですな。

 

また、強くなった敵に対抗するためには、こちらも新機体を投入して強くしなければいけないわけですな。

(本来新機体のリリースが先だから、逆からアプローチしておるのですな。)

強くなった敵に対抗するためには、壁、ですな。

強い敵に耐えられる壁があれば、射撃が一昔前のものだろうと、なんとかなりますな。

射撃が最新鋭でも、壁が吹き飛ぶと、秒札されてしまいますな。

よって、技術レベルがあがったら、最新鋭の壁を一枚いれたいですな。

そのための資金を、技術レベル向上の間に貯めることが肝要ですな。

無駄使いはしてはいけませんな。

 

と、ここまで書いているとこにですね・・・・

強くなったLV14PCに惨敗してしまいました。

低壁が崩れて徐々に・・・・

こちらの弾もあたりません。

こ、これは・・・・

 

グフ買おうかな・・・・ボソリ

 

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 10, 2006

連邦AI対策に関する考察

敵に、強狙いがでてきましたね。

壁、について、かんがえてみたく思います。

今、14日目、かな?までの流れは。

近狙い

近狙い、低HP狙い、

近狙い、低HP狙い、高HP狙い

近狙い、低HP狙い、高HP狙い、強MS狙い、

 

と、敵AIは進化してきました。

それぞれの対策を考えてみたく思います。

<1。近狙い。>

敵に近い位置に、壁役を置く。

壁役の条件。

  ①回避の高い機体。武器をはずしたり、改造したりして、ひたすら回避をあげる。

  ②パイロットを壁用に育成する。

   パイロットコマンドは、全力防御。

   パラメータは、防御を中心にあげる。攻撃は、極端な話、あげなくてもよい。

 格闘特化、切り払い、等のスキルをあげる。

射撃が壁役を越えないように工夫する。

  ①壁を前に、射撃を後ろに布陣する。

  ②個人戦術を利用して、射撃のあとに壁が動くように指示をする。

これで、近狙いの敵に射撃に触れさせることなく、勝利を収めることができる。はず。

 

<2.低HP狙い>

最も低いHPの機体が狙われます。

壁役のひとつを、編成機体のなかで、一番低いHPにする。

射撃マゼラのHPが144なら、F★回避↑HP↓設定で、HP132にする。

これで、敵の低狙いは低壁のF★だけを狙ってくる。

これがマゼラが被弾して、低壁F★の132を下回ってしまうと、低HP狙いはマゼラを狙って攻撃してくる。

射撃は回避は低く、パイロットスキルも防御は重視しておらず、パイロットコマンドも全力攻撃。

狙われたら、被弾必至。敵機を撃墜してしまわないと、こちらが落されてしまう。

射撃MSが低壁よりHPが低くなってしまわないように、工夫が必要。

 

<3.高HP狙い>

最も高いHPの機体が狙われます。

壁役はまっさきに敵と交戦し、被弾する機会が多い役回りです。

被弾して、射撃役の無傷の機体が、最も高いHPとなってしまいます。

すると、連邦の高HP狙いに狙われ、無防備な射撃は、大ダメージを受けてしまいます。

すると、今度は、高狙いの対象からははずれますが、低HP狙いの標的となってしまいます。

このパターンにはまると、射撃部隊が大打撃をうけ、勝っても低VP、多くは、敗北してしまうこととなります。

よって。

壁役を1枚、部隊のなかでHPを最も高くしないといけません。

しかも、削られると高狙い対策が崩れてしまうので、なるべく被弾しないよう、回避を高くして、できれば、 無傷で終えれるような展開がのぞましいです。

最も高性能な機体があてられます。

今でいえば、まさに専Pですね。

逆にいうと、高HPが崩されれは敗北へ一直線ですかね。

 

<4.強MS狙い>

最も強いMSが狙われます。

強い、とは、搭載値のおおきさということです。

新型機、高性能機ほど搭載値は大きい傾向があり、それは、ほぼ、高壁と一致します。

いまのところ、高HPをつくればかわせるかな、と思ってます。

 

・・・強MSって攻撃力があるから、敵の攻撃力をそぐ、っていうところがポイントなんですかね・・・

もちっと考えて見ます。

 

いろんな本とかコメントをみても、しっかり低壁と高壁をつくる、なんて書いてあります。

最初は、ほんと、なにを言っているのかさっぱり判りませんでした。

1クールを通した流れを覚えないと・・・なにもできませんね^^;

そんなことを、2年目にして思いながら秋をむかえるのでしたw

 

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

5機編成へ移行~マゼラよ今夜もありがとう

陸、買いました。

2機も。

すっべて、メアさんのおかげです。

 

今の編成は

L14、専P、専C、陸、陸、陸、です。

この前の編成は、

L14専P、陸、Ⅰ☆、専マゼ、専マゼ、マゼ☆、でした。

MS5機編成へ以降したのです。

 

・・・これ、ちがいがよくわかっていません。

VP上位の方々がほとんど、こんな編成だったので、こうしました。

修理値は、320→316と軽くなりました。

VP順位はどちらの頃も上昇基調だったので、なんともいえません。

一戦あたりのVPはむしろ6機編成のほうが、多くもらえていたように思えます。

今の連邦PCレベルは、L10,11,13。前線で。

なぜか12はいませんよね。

L15のアムロたちには5敗くらいしていますが。

6機編成のときには、67を上限に60オーバーを出せていました。

5機編成になると60を越えても62くらい、かな。

でもま、逆に、6機編成のときには、40前後と負けることも多かった。

5機編成では50を切ることがめっきり少なくなった。

安定して勝利できるようになる、ってことが違いのようです。

マゼラトップ砲もよくあたるように見えます。

 

そんなこんなで、いま63位。一歩一歩順位をあげています。

 

でも・・・

今日の20時には新型機の発売・・・

なにも買えそうにありません。

単垢VPな人は本来6機編成で耐え忍び、貯金をすべき時期ですよね。

ナリさん、ニックさんをみならい、ローコスト経営を目指す所存です。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2006

専P、かっちゃった・・・(ちょっぴり罪悪感。ちょっぴりだけw)

専P買いました。

愛のおかげで^^;

 

実際のところ、前回記事以降に、作戦終了にあたって、もろもろの補給があって、 1000+200+3360=4560補給は増えたのでした。

それでも、購入時には3000補給が足りず、メアさんからの愛に浴することといたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

冷静に考えると、前回の記事は、たかり行為みたいなモンですよね。

ヾ(_ _。)ハンセイ…します。

3000÷(16補給/時間×11戦/時間)=17.04545時間

遅れで入手ということになりますな。

単垢美学だとw

 

搭載の関係で、

L12 専P、専C、マゼ☆、専マゼ、専マゼ、マゼ

という、超重量編成。

せっかく重くするんだから、ということで、

調子にのって、最前線いきました。

 

あんのじょう、L14に敗北。

明日の連邦LVUPまで、武者修行させようかと思っていましたが、やめ。

なんたって、射撃壁がマゼ☆ですから^^;

あと数時間で、L13になると、マゼ→Ⅰにしましょう・・・

 

と、ここまで書いたとき、ケイトちゃんから優しいつっこみが・・・・

「低壁いないっぽい・・・・・」

Σ( ̄ロ ̄lll)ガビーン

どうりで、並マゼが食われると思った・・・・w

 

専Cはずして、陸いれました。

同じ回避48ですしね・・・・

 

あ、北米作戦の結果をあげておきます。

名称未設定-1 

名称未設定-3

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2006

補給考 2TECまでの道程

なんだかんだ言って、結局陸、買いました。

VP順位が膠着してきたのと、みなさんが買っていたから。

特にナリさんがF★から乗り換えたのを見て、決心しました。

 

★にはしませんでした。

専用機は買えませんでした。

回避↑HP↓改造しました。

結果、回避は専Cと同じ48となり、F★46から壁を強化できました。

補給は枯渇しておりましたが、F★と入れ替えるためには改造は必須でした。

これもナリさんの真似です。

 

また、これで、専Pの発売と同時の購入は不可能となりました。

(任務をいくつかいれればあるいは可能かも。)

並Pはなんとか買えるかもしれませんが、ここは買いません。

 

また。

マゼラ☆も購入しました。

翌日の朝方になってしまいましたが。

補給が貯まるのをまっていたのです。

これは低壁よりHPが大きかったので、改造は見送りました。

貧乏だからw

 

ここまでしてようやく、停滞していたVP順位がちょっとずつ上がってゆく下地ができました。

 

 

ここで!

今回の序盤の補給繰り状況をおさらい。

 

気をつけたこと。

単垢VPに特化するため、今回は徹底的に費用のかかる改造をしませんでした。

★と専用機を購入してからビシバシ改造してやりました。

どうしても必要だった改造は2回。

低壁よりHPを大きくするための並マゼラのHP↑

F★と隊長壁いれかえのための、並陸の回避↑

 

補給投資結果

Fはすぐに★にして、回避↑HP↓ コスト0

マゼラを1800で購入

ドップを1000で購入

専マゼを2300で購入 HP↑回避↓ コスト0

マゼラを1600で売却(売却損-200)

ドップを700で売却(売却損-300)

専マゼを2300で購入 HP↑回避↓ コスト0

専Cを13300で購入 回避↑HP↓ コスト0

このあたりで連邦低HP狙い対策のため、並マゼラをHP↑回避↓

コスト500

前線に上がるときに、線マゼを二機とも移動↑装甲↓改造 コスト0

陸を発売と同時に9500で購入。回避↑HP↓ コスト500

マゼラ☆を発売から遅れること7時間くらいに2100で購入。

 

今回の補給投資明細は以上です。

目下専Pを目指して貯金中です。

発売の翌日くらいには購入できそうです。

 

で、おもったことは。

イシイさんの言うとおり、買う機体を決めちゃえばなんとかなりそうです。

序盤は。

買う機体を決めるまでが大変でしたが。私は結果、2年かかった、ということになります。

これまでは、ああでもない、こうでもないと、いろんな機体をとっかえひっかえ、買ったり売ったりしていました。

改造も、こうかな?ああかな?と、貴重な補給500を使えるだけ使っていました。

今回はそんな試行錯誤なし。

めいっぱい補給をセイブしたらどうかな?と思ったところ、専Cが購入できたうえ、発売日に陸まで買えてしまいました。

やってみないとわからんもんですね~。

 

ただ、周囲の様子をみると、専Cをスキップして、専陸を買われる方が多いみたいです。

次回は試してみたい、と思う一方、専Cをいれなかった場合、私のVPジャンプアップ作戦は消滅し、 たぶん北米効果作戦では100位以内 狙いがいいとこかもしれません。

 

ナリさんをみていると、まだなにか、秘訣があるはず。

それは・・・・

先制かな??????

つばめ返しが最初から完成していると、VP量は増えるかもしれません・・・

この時期変数は少ないので、ちょっとしたことが大きな結果の違いとなるはず。

冷静に再チェックしてみます。

 

 

 

 

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

デブロックに専マゼの弾があたりません;;

とうとう連邦PCランクがあがりましたね。

前線で、L12。

ログを見たら、全勝してます。

やれやれ・・・なんとかなってるみたいだな・・・・

と、一息つこうかと思っていたら。

L12エリとの遭遇を目撃してしまいましたTT

 

連邦の数とわが部隊の数は同じ様に減ってゆきます。

6対6から、5対5、4対4・・・

隊長陸がおとされ・・・・専Cがおとされ・・・・

結局12Tまでもつれこみ、3対2で辛勝・・・

ログでは勝ったことしか判りませんでしたが、やはり実体は悲惨な内容でした・・・・

タイトルの通り、こちらの攻撃があたりません。

数T続けて。

顔が真っ青になってしまいます。

平均VPが52前後のところ、このときは29。

まったく恐ろしい話です・・・

 

いろいろと社会情勢は変化しておりますが、私の今の順位は48位。

一応上昇基調です。

50位の壁をいったりきたりしています。

昨日は二日くらいず~~っと55位だったような。。。

今、前後の人たちとの差は一桁だったりします。

デッドヒートです。

ちょっと1戦VP50位を割り込むと、すぐに順位が入れ替わります。

あ、エリ12に時間かかりすぎて、一時間の集計に1戦もれたりすると、相当いたいですね。

逆にいえば、私の前後にいらっしゃる方も同じ状況のはずですから、安穏とはできません。

三十位の方とは1900のVP差ですから掲示板登場は諦めました。

四十位の人との差は600くらい。

なんとか四十位以内にはいるように、祈るばかりです。

祈る・・・

そう。

MSも買うべきものは買ったし、戦術もこれでいいはずだし、部隊育成も、まあ、正しい方向、のはず。

やれることがもうないのです。朝と夜にステをふるくらい。

だから。

 

ただ祈るばかりですw

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2006

前線へあがるきっかけ。

もう、多くの人が前線へあがったようです。

私も今前線にいます。

前線にいくタイミングでVPが大きくかわりますね。

早すぎると負けすぎて、VPどころか成長ピッチもダウン。

遅すぎると、L11エリに確実に勝てるようにはなっていますが、VPで順位をあげるのは最早不可能(おおげさですが、 一応極端に書いておきます。)

なおかつ、レベルあげでも大きく遅れをとります。

前線上げのタイミングがはまると・・・

拮抗し始めたVPランクをぐいぐいと上げることができ、レベルあげもハイランカー等の上位の方にはなされずに、喰らいついていける。

 

前線あげのタイミングが凄く大事だな~~とは、実感しておりました。

が。

じゃあ、どうやってあがるタイミングを見極めるのか・・・

前線へあがったときの私の状態は、

L10 F★、専C、C、専マゼ、専マゼ、マゼ

でした。

今回の私のきっかけは、射壁ⅠをCに変えたことと、部下パイロットのレベルがL10に達したこと。

専C購入直後の1戦体験前線では、先に書いたように、水辺でエリ11にぼろまけ・・・

そのときと変わったことは、上に書いた射壁変更と部下パイレベルアップでした。

あ、それと、アレさんの、いけるんじゃない?っていう言葉にも勇気付けられました。

 

専陸をまたないとだめかな?と思っていましたが、先に上がれてよかったです。

今日の専陸発売で多くの方が前線へはいっていらっしゃるでしょう。

そうなると、また、VP上昇は望めなくなります。

また、発売日翌日の連邦PCレベルアップのあと、前線にい続けられるかも要注意です。

エリ12に果たして勝てるか・・

ここで一時的に通常に非難する必要があるかもしれません。

または、陸を買うか・・・

今回陸を買うお金はありますが、専用機枠の余裕はないですし、隊長機改造も少しとっておきたい。

専Pグフ貯金のためにも、できれば陸をスキップしたいところ。

見極めたいですね。

 

序盤の、というかクールを通しての分水嶺は、次の戦線あげ、最前線に、いつ、どうやってあがるか。

乙レロ発売と同時の最前線デヴューがセオリーのようですが、単垢で貯められるか、また、乙レロを使いこなせるか、 という問題を私はまだ解決していません。

アレさんから一度乙レロセットをお借りしたことがありますが、このとき、全く使いこなせなかったのです。

なにがよいのかさっぱり判りませんでした。

ヒロさんも、乙レロ難しいよ・・・っていいます。コツが必要だということでしょう。

いつも、乙レロをスキップして、編成を組んでいくので、研究もしたことがありません。

 

今回は・・・

ナリさんやゴンさんがときどきしているように、乙レロ貯金が貯まったころ、時差ありで編成して研究してみるかな・・・

乙レロスキップして、乙の搭載をカバーできる専用後期と後期、ドム×2+スキウレの5機編成での健闘も試してみたい。

乙レロなしでVP上位の人と渡り合ってみたいものですね。

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2006

スキル考。いっぺんかいてまとめてみたかった。

最初は・・・

 壁役に、対空格闘スキルをとらせる。

で、私は、個人戦術スキルを全員にひとつずつ取らせています。

遅延設定をするためです。

ひとつ目のスロットで、***より行動が先のとき遅延する、設定にし、二つ目で、距離3以内の最も近い敵を攻撃、にしています。

最も近い敵、設定にしているのは、ゴンさんからの教え。

射撃壁が一人いるので、その人だけ低HP狙いにしてるかな。

 

あとは、パラメータを、合計80になるまであげていく。

壁は攻撃24,防御24,反応24(=72)スタートのところ、

防御だけをあげていくので、攻撃24、防御32、反応24(=80)の状態にする。

ちなみに、自動育成ディフェンダー設定にすると、攻撃と反応を同じペースであげていきますね。

ここは、ヒロ塾長の教えに従い、反応はおいておく。

 

合計80になると幾つかのスキルが取れるようになってきます。

格闘特化を取りたいとこですが、説明を読んでみると、格闘攻撃をするときと、格闘攻撃を受けたときに有効、とのこと。

序盤の連邦は射撃の敵ばかりなので、ジムがビームサーベルを振るうコロまではちと、置いておこうと思います。

攻撃も、期待しない、と。

これはナリさんとヒロさんの教え。

とるのは、気力!

どうしても削られてしまう壁。

全て避けつくすわけにはいかない壁。

しからば。

削られてもへこたれないように、HP0復活で、その後3Tくらい粘る根性が欲しい!

というわけで、私は気力をMAX目指します。

 

気力が9になると、また、防御をいっぱいまで上げます。

攻撃24、防御48(最低値24の倍)、反応24(=96)

それから、格闘特化、切り払いの、視界、はてはZOC強化の世界へ、という感じです。

その辺の感じは、まだぼんやりしています^^;

 

射撃は、というと、まあ似たような感じです。

個人戦術をひとつ取得したあとは、

攻撃32、防御24、反応24(=80)まではひたすら攻撃に振る。

パラメータ80になったあとは、射撃特化をMAX5までとり、近、中、遠距離射撃を順にとっていく・・・

これは普通すぎるな・・・

 

となると、やはり、ポイントは壁の育成なんですな~~~

書いてみて認識。

みなさんにはよく指摘されていましたが^^;

 

自分で納得するのは大変ですね・・・・

 

えと。

以上が今の私のとらまえてるところです。w

 

あさすぎ???^^;

 

 

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

北米降下作戦での私の推移傾向

200位以内でスタートし、二桁まではじりじりと這い上がる。

70位くらいまでいったら、少し落ち始める。

そのころ専Cを購入し、前線にあがらず。

するとまたジョジョにあがりだして、30位目前まで登る。

 

これが、過去2作戦くらいのVPのやりかた調べたあとの、私のパターン。

 

覚えたことを全て駆使してこうなるし、三回目だからこれが私の正味の実力。でしょう。

最初全くやりかたわかんなかったので、これで大満足してました。

 

でも。

 

三回目ともなるとさらに進歩したいところ。

チーム内をみわたすと、同じ機体で最初ッから、上位にい続けるひとがチラホラ。

私が注目しているのは、ニックさんとナリさんです。

 

ニックさんは、超ローコスト経営で高い位置にいる人、と私は認識してます。

(さっき、チーチャでそんなこといったら、ご本人が、いや、低いんですって、否定されてましたが^^;)

私の目指しているスタイルだな~~と思ってます。

 

ナリさんは、私にとって、最初の師匠で、基本的なやりかたは理解したつもりでいました。

F★つくる、とか、最初は高狙いがいないから、VPあげるためにマゼラの改造はHP↑でやるんだ、 といった技はナリさんから教わったものです。

機体の選別も、そういった小技も大丈夫、と思っていたのですが、超高速スタートされて突っ走っています。

 

ここが、差だ!と思っています。

 

ステ振り、編成、配置、個人戦術の指定、が差がついているところです。当たり前ですが。

で、そこが私の壁。

ユリウスさん曰く、ほとんどステ振りでしょうね・・・とのこと。

 

で、

一回は頭の中を整理したいと思っていたので、ステ振りネタをやらせていただきます。

 

無謀!                          続く

                            

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »