June 28, 2006

グフ重  その後w

そんなわけで新編成。

グフ重シフトだったのですが。

 

編成をした翌日。

順調にVP上昇を確認し、おしごとへ出かけました。

新シフトの活躍を期待して帰宅したところ・・・

 

目を疑いました。

サーバーが、いや、我がPCマシン(GNO2マシン)が壊れてしまったのかと戦慄しました。

VP順位が。

朝外出したときとおんなじなのです。

381位www(ショックすぎて覚えてしまったw)

 

とっととですね。

グフ重→Pドム、

陸☆→Ⅰ☆へ編成を直し、放置いたしました。

 

すると無事にちょっとずつ順位が上がり始め、一息つける状態に。

 

まだグフ重の使い方を研究する余地ありありのようです。

(↑こりてない。つか、まだ使う気でいます。専用機ですしね^^;)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 18, 2005

技術レベル上昇

乙レロやろうと思ったんです。

でも補給はどうせたまらないだろうし。

ここはひとつ、ザクレロだけでも早々に入れて、部隊を強化しようとしたのです。

通称オツレロ編成とは、高強壁ザクレロ、低壁α、射撃サイコミュ試験用ザクを2機従えた編成のことです。

低壁αは、高機動ザクや、搭載が増えるとリックドム、今クールは目玉となっているズダを入れるのが定石のようです。

私は今日の午前中に宇宙編成にしました。

強引に。

旧型機ですが、格闘壁にF★、専C、射撃壁にC、射撃はスキウレ☆×2でサイド4へ臨みました。

スキウレ☆はマツケン隊長から無心したものです。

これはこれでまあまあの働きをしてくれました。

壁もきっちり避けて働いてくれます。

スキウレも、以前はあたらない無用の長物だと思っていたのですが(私が注目するのがいつも中盤いこうだったから)これがなかなかです。

全紡の相手には30~50くらいで削ってゆきますが、全攻の相手には、100前後の大台で確実に削ってゆきます。

距離4しか選べませんが、きたるべき長距離攻撃機活用に向け、それなりの育成をしてきたパイロット2人を乗せました。

とはいうものの。

エリ16を相手にすると、高HP狙い、強HP狙いに狙い撃ちにされ、 射撃から崩されるという最悪の負けパターンを繰り返してしまいました。

そんなこんなで、20:00の技術レベル向上を迎えました。

おめあてのザクレロとズダを購入。

2000くらいたらなかったのを、ザクタンクを売却し工面。

早速最前線へのジャンプアップに挑戦です!

(無謀)

乙の代わりにスキウレ☆二機です。

最前線の敵はエリ18

ふふふふ・・・・私と同じレベルではないですか・・・

これまで13とか14とか相手にしてきて気がひけていたところです。

完勝とはいかないまでも、まあ、私の新編成の餌食となるのでしょう・・・・

などと禁欲生活の果ての新型機乱売によって熱にうかされていた私は、若干の興奮を抑えつつ、戦闘をみまもったのでした。

結果は惨敗・・・・惨めな敗北、でし。

スキウレ☆がまったくあたらなかったのです。

ズダ、レロも壁としてはそれほど粘ることができず、5ターンで沈黙。

その間、スキウレ砲が外れる、ハズレル、はずれる。

まったくあきません。

なるほど・・・・

乙レロ、といわれるように乙は必須なのですね・・・

乙はNT機。

命中率が数段かわってくるはず。

敵はそれくらい当たらないほどのレベル、ということなのですね・・・

乙がほしい・・・

乙、乙、・・・・・乙!

乙を購入することを決心しました。

ザクレロを買ったのです。大枚をはたいて。

もはやすっからかん。400しか残ってません。

あせっていました。

絶対に成功させなくてはいけません。

乙を買うためには、補給。補給は任務。任務・・・任務だ!

早速特Aをたてました。

しばらくすると・・・

アレクセイさんが任務にはいってくださいました。

編成をみると・・・・

見事なオツレロ編成!

ズダを低壁に完成しておりました。

さすが賢者アレ氏。

計算どおりということでしょうか。

私はズダ、レロ、専C、スキウレ☆、ガトル(!)

というでこぼこ編成でしたので、例によって軽蔑のまなざしを感じながらも何とか任務をこなしたのでした。

次、次の任務はどれだ・・・・

任務は思ったほどたっておりませんでした。

友軍リストをみると結構人はいる様子・・・

しかも!

乙レロ編成ばっかw

ああ~~~みんな定石どおりこなしているんだな~~~

とさらに焦燥感が増す中。

別の方の特Aに参加。

スキウレ、ガトルをはずし、ザクⅠを2機いれ、3距離射撃を従えて参戦いたしました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・ここまで相当頭に血が上っておりました。

冷静に冷静になろうと努力して・・・・

ザクレロを売却することにしました。

ザクレロをはずした編成をくまないとうまくまわらないな~と感じつつ。

今使わなければ、すぐに資産価値は下がります。

1週間もすれば半額近い値で売買される・・・

タダ、補給をどぶにすてただけになってしまいます。

ここは、今なら高値で売却できる。

2回ほどレロの売りトレをみました。

38000と37000円

38300円に対してほとんと値がさがっていません。

これなら、まだやり直しがききます。

37000円でトレチャにだしました。

すると・・・・

すごい勢いで4人からオファーが入ってきました。

よかった!今ならうれる;;

ものすごい安堵感につつまれているなか・・・

ケイトちゃんからのオファーを発見。

ここはケイトちゃんに売るしかありません。

おにいさんには世話になっていますからね。

そんなわけで、1300補給のロスでザクレロ試乗を終えることができ、再度編成を考えることとしました。

結局その後、専用ズダを一機購入。射撃壁にしてしまいました。

すでに購入済みのズダは隊長機に改造。

1作戦に2回の隊長機改造をするとして。

これが最後です。

この二機はしばらく、末永く使用してゆくことにしてしまいました。

さらにトレチャ高機動ザク改良型を10000で買い求め、本日の編成作業を終えました。

この後、補給が溜まり次第、乙を一機いれ、今作戦はしのぐ予定でおります。

サイド4の前線に部隊をおいております。

最前線ではとても歯がたちません。

午前中とくらべると平均VPは10くらい上がったでしょうか。

 

こんなんでいいのか不安でいっぱいですが・・・・

あともどりはできません。

よくみて、学習したいとおもっております。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2005

イフリート改の怪

それは、2005年の晩秋、10月も終わりのことでした。

夜も寒さが厳しくなり、就寝時に窓を開けていると寝冷えをしてしまう頃。

そんなとき、その事象がおこったのです・・・

 

私はいつものように、VPを少しでも向上させるべく、野戦の様子をつぶさに観察しておりました。

編成はTOPがイフ改と借り物ドワッジを2TOPとし、

2列目に専用イフ改、砂ザク、最後尾にザクタンク☆を配しておりました。

この編成はイフ改2機が特徴となっておりました。

パイロットは大事に育てた壁さん。気力はMAX9を取得しております。

専用機は隊長用で、これも気力をMAX9取得しております。

気力をとると最後の粘りが格段に違ってきて、今クールの我が戦線を支えてきた大事なスキルだったのです。

画面を眺めながら別の作業をしておりますと。

ヒラリ、と青い機体が体をさばき、敵ロケットランチャーをかわすのが目の端にはいりました。

お、NT-Evationだ。

これ発動すると、気持ちいいんだよな~~

などとぼ~っと考えておりました。

 

・・・

・・・・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!

まてよ、ちょっと、まってください・・・

NT-Evationが発動したのはイフリート改。

パイロットは気力MAX!

そうです。

NTスキルなんかとっていないのです!!!!!!!!

 

こ、こんなことがあっていいのでしょうか。

気のせいかと思いました。

しかし・・・・

 

またしてもNt-Evation!

いいのでしょうか、いいのでしょうか、いいのでしょうか!

隊長も、壁役のパイも一回ずつ、発動してしまっています。

もはや、錯覚などではありません。

 

これは、きっと。

ジオンの亡霊!

エグザム機がリリースされていないことに対しての

イフリートからの熱いメッセージなのでしょうか・・・

 

なぞがなぞを呼びますが・・・・

軽い戦慄を背筋に残したまま・・・

そのまま眠りについたのでしたwwww

 

 

ちゃんちゃん

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 04, 2005

イフリート改 たのしい^^ジーン

イフリート改

つよいですね^^

すきになっちゃいました。

前クールまで、なんじゃこりゃ?

と思っていましたが。

なにが強いって、ミサイルランチャーですかね。

はっぱり。

2HITで120からたたき出す攻撃力。

 

・・・・スキ(*・ ・*)ぽっ

 

人は強いものに惹かれるのですね^^

 

あ、そうなんです。わたし格闘壁としてではなく、射手として惹かれてます。

二本もヒート剣もってるのに^^

あ、でもあの二本のヒート剣。

攻撃のときも切り払いのときも二本使っているの見たことないですね。

せっかくだから、二本を使ったアニメーションを希望

 

ゆうべから、そんなイフ改を2台いれました。

格闘壁と射撃壁

射撃です、っといったらアレクセイさんに修正されました;;

ステイタスが射撃壁だったようです。

(↑よくわかっていないTT)

 

でも・・・

確かにイフ改2機の時代があったようですが、今はもう、時代遅れとか。

パプワさんに指摘されてしまいました^^;

そろそろ野戦の連邦のレベルが下がってきて、必ず勝てるようなバランスになってきました。

このへんんがこのゲームの妙味ですね^^;

下手な人もこれ以降は勝つ楽しみを味わえるという・・

従いまして、VPを意識した野戦もダメージ0の完全処理を目指せる環境となった模様。

すると、自分より強い敵を倒すために入れていた修理値の高い高性能MSをいれなくてもよくなってきた・・・

修理値を減らし、回転数を上げながら完全な勝利を目指す時期となってきた、ようなのです。

 

イフ改修理値10×2

 

もはや時代おくれ^^

でも。

強い。

勝てるとうれしいな~~

VPも上昇に転じたし。

とはいえ、170~180の間を作戦期間を通していったりきたりしているだけでしたがTT

 

戦績報告!

【戦績集計結果】- 最新の10件

サンプル時間(2005/11/03 23:20:46 ~ 2005/11/04 00:14:06)

◇戦闘
[総戦闘回数 10回] [平均戦闘時間 05:20] [戦闘回数 11.25回/時間]

◇勝率
[10勝 0負 0引き分け] [勝率 100.000%]

◇VP
[平均取得VP 95.0VP/戦闘] [1068VP/時間] [25632VP/日]

・・こんなものかな^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2005

復活のグフ☆

グフ☆を低壁として投入しました。

 

じりじりと落ちていたVP順位を前回のHP調整で応急手当、

その後、ヒロVP塾の融資を受け、初めての専用イフリート改を投入し、大幅リニューアルした我が部隊。

VP上昇に転じるかとおもいきや、かろうじて順位が落ちることはとまったものの、同じ順位を前後するにとどまるのが精一杯。

戦闘の様子を観察すると、砂ザクがネックとなっていた。

攻撃力はあるものの、どうしても先行して敵にねらわれやすく、一度攻撃対象となってしまうと、2Tで、 2機に狙われてしまうと1Tで葬り去られてしまっておりました。

隊長の専用イフ改は距離2設定にしているにもかかわらず、なぜか距離3の間をとって攻撃したがり、壁の役を果たしておりませんでした。

結果、専用イフの1壁のみとなり、その1壁が左右どちらかによってしまうと、反対側からあがってきた射撃ががらあき、 あっという間に敵餌食、という構図でした。

戦闘事態は、他の優秀な機体と手塩にかけたパイロットたちの活躍により、勝利を収めることはできており、ただただ、 機体一機損耗のためのVP値減という状態となっていたようです。

 

砂が落ちても勝てる・・・

じゃ、砂っていったいなに?

と考えてた時に、メスタ氏の言葉がおもいだされました。

うちはグフ☆が大活躍。攻撃よけまくりです・・・・

グフ☆、まだいけるんだ・・・・

うちにもイフ登場まで活躍し続けたグフ☆が二機、静かにガレージに眠っておりました。

HPは156と180・・・

これなら。

立派な低壁。後ろの砂、ザクキャ☆より確実にHPは低いのです。

しかも、壁としてつかうので、優秀な壁パイが一人あまっています。

赤い髪の女、ジェリルクチビです。

あの、ギリシャ空軍を手玉にとった魔性の女。

ダブリンのあばずれです。

彼女を乗せれば相当強力な壁となってくれます。

どうせ砂は落ちてVP落す原因となるのなら・・・

 

と、いうわけで、グフ☆を投入したのです。

結果・・・

さすがに無傷、とはいきませんが、避けまくりで落されることはまずありません。

気力9ももってますかし。

で、ただの壁、ではなく、ヒート剣も少なからずHIT!

攻撃面で、それほど砂との遜色はありません。

余っていた搭載1も解消され、まずますの編成だと、ひとりごちています。

VP順位も微増!

まだまだ予断はゆるされませんが、今の私の最小公倍数の一つ。

組み合わせだけで強くなることを発見したとき、すごく気持ちがよいですね。

二桁目標などと申しておりましたが、現在は200位を割らないことが目標となってきました^^;

【戦績集計結果】- 最新の10件

サンプル時間(2005/10/31 00:02:58 ~ 2005/10/31 00:57:29)

◇戦闘
[総戦闘回数 10回] [平均戦闘時間 05:27] [戦闘回数 11.01回/時間]

◇勝率
[9勝 1負 0引き分け] [勝率 90.000%]

◇VP
[平均取得VP 82.4VP/戦闘] [ 906VP/時間] [21744VP/日]

サンプルの中でPC戦があり、7分かけてVP0が一回ありました。

それがなければ、平均90Overの時給1000Overでしたのに・・

とはいえ、これが現実。

PC戦全敗を視野にいれると、これが適正な集計値ですな。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2005

ザクバズーカ

う、う~~ん・・・

じゅ、じゅくちょう~~~ごめんなさぃ・・・

あ、あれさ・・ん・・・、そ、それいわないでぇ・・・・

 

はっ、夢か・・・・

ふ~~~。

 

先日、わが部隊の編成およびスキルについて、VP王者ヒロ塾長と、心理戦の巧者アレクセイ氏に地獄の責め車、もとい、 愛のVP道の手ほどきをいただきました。

自らの恥部を晒す、それはそれは過酷な授業でした・・・

 

そもそも。

私の編成の甘さを常に指摘いただいていたヒロ塾長。

以前から、というよりグフ壁、イフ壁、ドム壁と守りを固めてきたコロから、

「火力が足らない!」

という指摘を受けておりました。

ふ~~ん・・そうなのかな。

とは思いながら、その実なにを言われているのかさっぱりわからず、なすすべもなくたたずんでおりました・・・

火力は、距離4大好きな私は、ここぞとばかりに、 ザクキャやザクタンクをあちこちから仕入れてはとっかえひっかえ部隊の最後方へ飾っていたのでした。

そんな私に業を煮やされていたある日。

それは草木も眠る丑三つ時のこと・・・・

アレクセイさんとご一緒しておりました。

アレクセイさんは、連邦でも名を馳せ、MPプレイヤーではありますが、VPの酸いも甘いも知り尽くしたなかなかの手練なのであります。

われらがチームに参加するや否やあっという間に圧倒的なMP力を見せ付けられ、同時期に参加されたキム氏とともにハッテジを席巻、 チームMPランキングを一気に引き上げた立役者であります。

アレ氏は、ハッテジではたまたま後発であったため私が戦功をリードしておりましたが、しっかりロックオンされ、 いまや遅しと一気に差を逆転すべく、ピタリと背後につけられているところなのでした。

その心理戦術の巧みさで私は何度となく翻弄され、大海の木の葉のごとく大波に身を削られていたのでした。

その一方では、適確な指摘をいただいたり、ときには、MSを、また、ときには補給を大量に援助していただいたり、と、 私の所作はまさに釈迦の、いや、アレ氏の手の平の上状態と化しておったのであります。

そう、そんなアレさんからの指摘。

 そろそろ専用機いれましょうよ~・・・

 なにがいいかな・・・・

 専ゴッグ!

 まじっすか??あたらないし、あしおそいし、ねらわれるし・・・

 なにをいってるんですか、最強の射撃壁ではありあませんか!

 え、そうなの??ふ~~ん。でも・・・ねえ・・・

いまひとつ気がのりませんでした・・・

そんなときヒロ塾長が登場され、結局お二人とご相談した結果、壁に、専用イフリートをいれることを決心いたしました。

専用機について私はまったく考えておりませんで、枠は余りまくっていたのであります。

中盤以降、MSの性能があがり、選択肢もふえるため、専用機の恩恵を最大限に受けるためには、序盤に投入し、 がつんと他プレイヤーに差をつけることが肝要のようです。

VPをはじめて、そのことがわかってきました。

これまでは専用枠の使うタイミングがまったくわからず、最後の最後まで使用せず、ケンプファーや、 アクト等にわけのわからない専用機枠を使っていたのでした。

だから。

今クール、初めて序盤に専用マゼラを投入したのでした!

これは、この発想は私にとってはとても画期的なものだったのです。

その強力さは肌で感じてきました。専用機。

でも。

しかし。

それから先はまったく考えなしでした。

周囲でPグフが出回るころから・・・

専P、専陸、専砂と・・・

みなさん着々と専用機投入を横目にふらふらとしておったのでした。

そんな私ですから、上級者のお二人はみていられなかったようです。

さて。

壁は一機きまりましたが、そのほか、格闘壁1、射撃壁、射撃がまだのこっており、 専用機枠を活かせる時間はどんそん過ぎていっているのでありました。

お二人はほんとに親身になって、考えていただきました。

壁は盾とってる?    いいえ

NTなの?        気力です。

隊長はNTなの?    気力です。

なんでザクタンクなの?・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・

なんだかよくわかりませんが、私が質問に応えるたびにお二人の様子に変化がでてきました。

 ヒロさん、・・・これは・・・・・

 あ~~あ

 われわれの想像のななめ横に位置しているようですなショウ大尉どのは・・・・

わけがわからないうちに・・・相当心配をかけてしまったようです。

とりあえず、わが部隊のスキル取得具合を掲示板にアップすることになりました。

それをみたとたん!

さらにお二人は驚愕につつまれ、嘆き、怒り、まるでこの世の終わりがきたかのような騒ぎとなりました。

わたくしはまたしても訳がわからず、ただ小鳥のようにぶるぶると震えておりました。

なにがいけないのだろう、お師匠様方の言うとおりにしてきたのに・・・・

どうやら、そうとうあべこべのスキル取得をしているようです。

VPの美学からは程遠いとこにいるらしく・・・

これはお手上げですね・・・・

成長させていないパイロットを距離3射撃に育てるしかありませんな・・・

などと、私は自分が手術台の上に横たわり、外科医の先生方が末期がんを観察するかのごとき会話を遠くに感じておりました。

そうこうしているうちに、ヒロ塾長がMSを貸し出し、アレさんか資金援助し、 瀕死のわが部隊を強制的な矯正をこころみられることとなりました。

しかし。

この時点で時刻は午前4時。

明日は土曜日とはいえ出社。

もう、寝なければいけない時間はとっくに過ぎ去っています。

かといって、寝ずに就業できる気力はありません。

なんせ気力スキル-1億なもので・・・・wwww

あ~~あ、いいよ。明日かんがえるから、今日はすきな編成にして・・・

塾長のお言葉をうけ、これまでどおりの編成でねました。

(*⌒д⌒*)アハ

それが逆鱗にふれたらしく、翌日にはMS没収とあいなりました。

 

さて、ここで学習。

ヒロ塾長が貸してくださったMSはPグフとデザートザク

専用Pグフはグフカス並みの性能があるそうです。

これは、すでに、グフカスとイフを手に入れていたのでちょっと使ってみてイフに変えてしまいました。

砂ザクは、バズーカを持たせて射撃をさせてみました。

すると。

これはとてもツオイことが判明。

100弱の攻撃力なかなかの命中率。

VPランカーをみても、砂は大流行!

トレードチャットをみても、高値で砂☆を求める声が!

リリース当初はそれほど目だっていなかった砂ですが、ここでこんなに脚光を浴びるとは予想しておりませんでした。

私の購入したそれはすでにイワクラ氏のドムと交換済みでした。

でも。

ザクタンクやザクキャノンより、まだザクのバズーカの方がよさそう。

これは開眼でした。

ザクタンク×2の火力が弱い、とはこのことだったのだな~~と。

その後、アレ氏からの再三の指摘にやっと腰をあげ、陸ザクを中心にすえた編成としました。

隊長機のマシンガンと射撃のマゼラトップ砲。

一機はわれわれの会話を聞いていたパプワ氏が融通してくれました。

まったくチームの方々のご支援なしには我が部隊は存在しえません。

結果、190位前後をうろうろしていたVPランクも1時間あたり、一つずつ順位を上げ始めました。

アレさんいわく、

ね、あがってきたでしょう・・・・

はい。

塾長曰く

まったく頑固なんだから・・・・

はい。

 

一つずつ勉強させていただきます・・・・

(遅い!)

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2005

ザクレロ

ハイ、ザクレロげっとー!

高機動ザク改良型げっとー!

最前線デビューだ!

任務に耐えたサイド4反攻作戦。

それもこれもみな、このときのためだったのですね。

無我夢中で補給獲得に走ったものの、いったいどう編成したものか、まったくNoIdeaだった私。

そこに光を与えてくださったのはやはりチームメイト。

アレさんとアルさんが、異口同音に口走ったのは・・・

(Text走った、Key走った、指走った・・・がより正しいのか・・)

高機動を低壁、

ザクレロを高壁

サイコ×2の射撃

これで、前線放置可能!

とのこと。

みなさんが、よく話題にされていたことらしいです。

前クールも前々クールもたしかザクレロがとても話題に・・・

しかし、当時のわたしは何の興味ももっておりませんでした。

この時期はだって・・・

ザクキャ登場にわきたつころだったのですもの♪

それが、印象派プレイヤーの選ぶ道。

だって、ザクレロなんて・・・映画でも却下され・・・

へんな顔だし・・・

リアル路線のガンダムにいまだザンボットとかダイターンとかの感じではねえ・・・

いや、タイムボカン系というべきなのか・・・

まったく興味のキョの字ももっていませんでした。

しかし。

いまや私もVPプレイヤー。

みてくれよりも、性能なのです。エヘン

こつこつ貯めた補給を惜しげもなくつぎ込み。

ザクレロと高機動を手に入れたのでした。

サイコを買う補給はまったく残りませんでした。

サイコに乗れるNTは素養さえとれていません。

しかし、これだけでもいける!とのうわさ。

早速宇宙へ・・・

戦場はサイド2と4。

エリアをチェックすると、サイド2の方が弱そう・・・

サイド2の前線へGOです。

前線・・・PCレベル15.

地上の17とは大違い。

弱そうではないですか。

WarningEncount・・・・

敵はLv13

うっひょ~~~~^^

弱い!弱すぎる!

こいつは、最前線OKかな?

と早速気をおおきくして、LV13を軽くカタヅケルト最戦線投入、なのでした。

最前線での一戦目はレベル16.

エリート兵です。

地上でジムに切り刻まれた、あの、エリート16。

でも、こちらはザクレロがいる。高機動がいる・・・

結果は辛勝。

まあ、危うくはありませんでした。

地上とは違います。

勝てます。

いけます!!!

すっかり有頂天になってしまいました。(またかよ)

よくよくわが部隊の久々の活躍を見てやろうと次の戦闘を観察すると・・・

Lv18登場・・・・・

18????

わが部隊よりも上ではないですか。

とはいえ、いまをときめくザクレロがいます!(しつこい)

高機動がいます。

後方遅延です。

ねじふせられないわけがない!

結果は・・・木端微塵に粉砕されました。

ま~ね。こんなもんかね・・・・(ちとさびしい)

そんなわけで、今は前線にうつりました

前線は楽勝です。

lv14が最高、かな。

うはうはいっています。

(なんかまちがってるかな・・・)

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 11, 2005

マゼラアタックの改造

 マゼラの改造って、移動↑のHP↓じゃなかったっけ?

メアさんに指摘されました。

改造といえば回避をあげる。

イシイさん、ヒロさんから指摘をうけて、よくわからないなりにやりながら、VP初めてよくわかってきました。

完全勝利を続ける。これがVPの鉄則。

そのための回避あげ。

それしか頭に入っていませんでした。

マゼラなんて弄りようがないな・・・くらいにしか思ってなかったのです。

そのとき、私は北米にいて、水辺の野戦で苦労をしていたときでした。

作戦地域である北米は水辺が30%(ちなみに東アジアは水辺10%)

水辺では地上ユニットは移動が落ちます。

ただでさえ足の遅いマゼラ。

壁が先行して、射撃のマゼラ部隊が後方に置き去りにされる。

やっとマゼラ部隊が追いつき、敵を射程に捕らえたときには壁が壊滅。

無防備な車体を敵の前に晒し、敗北してゆく・・・

そんな野戦を繰り返しておりました。

そんななかでのメアさんの発言。

はっとしました。

早速改造。

その場にいたヒロさんが、HP↓じゃなくて装甲↓だよ、と指摘をいただき、装甲↓改造をしました。

HPを下げてしまうと、低壁のザクⅠのHPを下回ってしまい、敵低HP狙いの餌食となってしまうからだそうです。

結果。

水辺戦闘が改善されました。

そこそこ勝てます。

(結局航空機を主体とする連邦が水辺では圧倒的に有利なのです。)

負け数がヘリ、VPがあがりました。

 

これは、前クール10日間戦争のお話です。

今クール、2ndステージでは、改造ができるようになったら、最初から移動↑改造です。

メアさん、ヒロさん、感謝なのです。

 

ところで。

マゼラアタックといえば、マゼラトップ。

このギミックはファンなら当たり前のこと。

しかし、GNO2では再現されていません。

デンドロビウムがオーキス破壊後もMSが生存するのに、

ドダイYSが破壊されても、ザクもグフも生存しているのに。

マゼラトップはマゼラベースとともに業火に焼かれてゆくのです。

バンダイさん。

ガンダム破壊されてもコアファイターのこしていいから。

マゼラベースこわれてもマゼラアタック残してね。

・・・・・・コアファイターは厄介だな・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

リックドム。

初めて使いました。
いい。
いい。
いいのです。

壁に使っています。
改造で回避をあげてやると。
よける。よける。よける。
回避は52で、専用グフの53に次いでいます。
あれだけ絶賛ざれている専用グフ。
それに次ぐ回避。
こいつは優秀な壁、といことではないですか。
ドムといえばジャイアントバス。
このイメージが強かったのですが、壁にして装備をはずすと、ヒートサーベルが主力武器をなります。
これが。
しぶい!!
オレンジの一本筋が。
どうも私は剣戟がすきなようで。
で、そこそこの攻撃力。
クリティカルなどでようものなら100を超えることも。
なぜか
筋肉マンのブドーとかを思い出しますw
剣道部の防具ですよね。
スタイル。
ヒートサーベルも竹刀みたいだし。
で、結果。
S任とか最前線放置とか。
立派な壁として機能しています。
これまでまったく意識というか期待もしてませんでした。
大抵宇宙にいくときにはエルメスとかブラウブロとか超強力MAとタコザクといった機体ばかり使用して全然、気を使う必要がなかったので^^

リクドをいれる前は高機動ザクを使っていましたがいかにも貧弱。
S任、最前線放置といった背伸び姿勢に欠かせない機体でした^^

もともとリックドム、好きな機体だったので、うれしい限りです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ザクレロ

初めて使いました。
いい。
いい。
いいのです。

ザクレロ。
こいつは攻撃力がものすごいですな。
ヒートなたでも130くらいすぐ出すし。
拡散ビーム砲も強力です。150をコンスタントにたたきだします。
すごく安心。
トレチャで、11000で売りに出ていたのを購入したのです。
みなさんつかっているし。
そのころうちに宇宙用MSでぱっとしたのいなかったし。
買える値段だったので、定番なんだろうな~っておもって買ったのですが。
大金星でした。
壁で使おうかと思ったのですが、火力が魅力で射撃にまわしました。
これが大当たり。
がつがつ削ります。
先日から書いているとおり、厳しい任務が続く中、レロだけが生き残る場面もしばしば。
そんなとき。
一対一で強さをみせます。
ガンキャに2回までは削られても大丈夫。
その強いHPのおかげで。
で、遅延設定アンド先制高め取得のおかげで、一回くらう間に2回くらわせられます。
2発で敵は沈みます。
おかげで何度か危ない戦闘を勝ち抜けました。
・ ・・反面、ザクレロ一機のこして勝つくらいの危うい戦場におります^^
ナリさん。
先制とれ先制とれって、くちすっぱくいっていただいたのに・・・
今、実感しておりますうう^^
相変わらずのみこみがおそいようでw

| | Comments (0) | TrackBack (0)